• 佐賀市新築住宅シロアリ対策ヘルスコキュアー

    佐賀市Oさん宅の現場は基礎にシロアリ対策として、 ヘルスコキュアーを基礎内部全面に塗っています。 床下の湿気対策も兼ねていて、薬剤ではないので、薬剤を使いたくない人にはお勧めです。 しかし現在のシロアリ対策に使われている

  • 外壁に塗り壁を使う時の注意

    外壁に塗り壁を使いたい気持ちは大いにあるんですが、   日本では湿気が多いのでカビや汚れが気になります。       汚れたら洗浄などをこまめにできる方にはおすすめの塗り壁です。   地域によりカビ等がたくさんつくところ

  • 佐賀市新築住宅。鉄筋の量が半端なく増えている現在の基礎

    佐賀市のOさん宅の現場は基礎工事進行中です。 基礎工事は建築の中でも、大事な工事の一つですが、 私が自宅を建てた頃と比べると品質が高いです。 鉄筋の量が昔と比べて格段に増えています。 ただ、お金も高くかかりますが(笑)

  • 佐賀市Oさん地鎮祭の様子

    佐賀市のOさん宅の地鎮祭です。 土地の神様に工事の許可を頂き、無事家が完成するように 施主さん、工務店、私、私の息子が神主さん指導のもと厳かに行われました。 どのような家ができるか楽しみです。  

  • 嬉野市Hさん地鎮祭終わりました。

    先日は今月2回目の地鎮祭でした。 Hさんの家は私の事務所のすぐそばです。 そして施工の工務店さんとは同じ部落になりました。 今後ともよろしく!  

  • 今どきの和室

    最近の和室は真壁ではなく柱が見えない大壁仕様が多くなりました。 畳を敷いた洋室という感じです。 それでも、廻縁に木質感を出したりアールなどを作り和室感を出しています。  

  • 2020年からはある程度の品質、性能が求められます

    2020年からはある程度の断熱性能、省エネ性能がある家しか 建てられなくなります。 後、6年ですが、今建てるのであれば2020年の規準に適合できるように 建てなければいけないと思います。 これからはある程度の品質や性能が

  • 軒を少しだけ出した家が良いようですね。嬉野市!さん宅

    コストダウンとシンプルな外観ということで片流れタイプを 私も良く設計しますが、軒を少しだけ出しています。 軒が出ていないタイプの片流れ屋根もありますが 少し出した方が雨仕舞いや日差しよけにも なるようです。  

  • 嬉野の現場着々と進んでいます。佐賀県嬉野市嬉野町現場。

    嬉野市の現場です。 玄関の屋根に横葺のガルバです。             断熱材は今回はポリウールという断熱材を使用しています。 断熱材は隙間なく入れると

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net