スマートハウスとは何じゃ

よく聞くスマートハウスとはなんだろうか?

 

 

「スマートハウス」とは、

 

Information Technology (情報技術)

 

などを使って、家庭内のエネルギー消費を最適に

 

コントロールする住宅のことで、

 

家庭でのエネルギー消費量を格段に減らす手段

 

として期待されている次世代住宅です。

 

 

スマートハウスは、太陽光発電などに

 

よる「創エネ」、蓄電池による「蓄エネ」、

 

家電の消費電力を制御する「省エネ」を

 

連携させて効果的にエネルギーを活用します。

 

例えば、

 

雨が降りだして太陽電池の発電量が減った場合には家電の電力

 

使用量を抑えたり、天候の変化を予測して前もって蓄電池を充電し

 

たりといったコントロールを自動で行います。

 

 

しかしそのためには、電力の流れを電力会社と

 

家庭の双方からコントロールし最適化する

 

次世代送電網(スマートグリッド)の構築や、

 

家電や電池のメーカー間での通信規格などの統一が

 

重要になります。ハイブリッド自動車のプリウスが

 

はじめて発売されたのは1997年。

 

 

そこから進化を続けたハイブリッド自動車のように、

 

スマートハウスも今後の進化に期待したいですね。

 

 

 

 ところで、

期待はするけどホントのところよくわからないですね。

 

いろいろな機器や電気で全てをコントロールして省エネ、創エネ、蓄エネ

 

快適な暮らしを実現。

 

 

わかりますがそれよりも断熱や風通し、遮熱など家の基本的な

 

ことをまず考えたほうがいいような気もします。

 

 

まだホントのところ積極的に取り入れていくのが良いのかよくわかりませんね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。