家を建てたり、リフォームをすることにより

家を建てたり、リフォームをすることにより、

 

私達は綺麗な新しい住まいを手に入れることができますが、

 

実はメリットはそれだけではありません。

 

 

家を建てたり、リフォームをするということは、

 

普段では経験することができないことをたくさん

 

体験することでもあるのです。

 

 

たとえば、動線がどうとか、素材がどうだとか、

 

普段は考えないようなことを考えますし、

 

話をしたこともないような職人達と話をすることもできます。

 

 

また、通常では見ることのできない家の内部の構造まで

 

マジマジと見ることができるのです。

 

 

それが一体何の役に立つのか?

 

と思うことなかれ。

 

プロとしての知識が

 

なくても、内部の構造を眺めたり、

 

職人達の心意気を感じるだけで、「家」

 

や「住まい」への意識は少しずつ変わっていきます。

 

この意識が変わる

 

と、人は行動が変わり、行動が変われば環境が変わる。

 

そして環境が変われば運命が変わる。

 

そんな可能性も秘めているのです。

 

そんなふうに

 

考えると家造りは、まさにロマンそのもの!ですね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

原発事故や節電を考えたとき、今後の住まいも電気の使い方を

 

考えなければいけない時期に来ているようです。

 

 

電力会社は今までオール電化を推進して来ましたが、今度は

 

節電に協力をといっています。

 

オール電化ということは家の中の暮らしに多くの電気を使うことになります。

 

電力会社は多くの電気を使ってといいながら片方では節電してください。

 

なんか矛盾していませんか?

 

今後は電気代も値上がりしますし、オール電化が良いとは言い切れないような

 

ご時世ですね。

 

 

新築住宅の場合は

 

「オール電化」にするか「ガス併用」かだと思います。

 

光熱費が安いというオール電化のコストメリットが

 

少なくなってきている状況では、

 

一概にどちらが良いとは言えず、各家庭の生活スタイルや好みによって変わってきます。

 

そうなると感覚的な好みで選ぶしかないようです。

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。