小さな家を考えてみる

 

いい家を出来るだけ安く建てたいというのは

 

建て主さんばかりではなく私もいつも考えているところです。

 

 

ただ、希望や要望が多い場合はコスト高になるのも事実です。

 

それで、出来るだけ安くマイホームを手に入れたい、しかもいい家を。

 

と考えている人は、少し考え方を変えて見ませんか。

 

 

家が高くなる要素は何でしたでしょうか?

 

以前もお伝えしていましたが、

 

1・家の広さ

 

2・デザイン

 

3・グレード

 

この3つが大きくかかわってきます。

 

 

それならこの3つのなかの

 

1・家の広さは出来るだけ小さく

 

2・デザインはシンプル

 

 

2つを徹底的に追求すればかなりいい家が安くできるのでは

 

と考えています。

 

家の広さは家族が3人~4人住むのなら

 

20坪~30坪で十分です。

 

ただ、その狭さを狭く感じないような設計は必要です。

 

 

デザインは凸凹がない切妻が雨漏りの心配がなく良いですし

 

コストダウンにもなります。

 

ただ、こちらも、デザインはシンプルでも外観、内観は平凡で安ぽくなったら

 

何もなりません。

 

 

そして、この夏電力不足が叫ばれている中、これから家を建てる際は

 

エネルギーの無駄遣いを止めることは、家を所有するオーナーにとっても

 

地域社会にとっても必然的なテーマ-です。

 

20坪~30坪の家は効率よく冷暖房エネルギーの問題も解決できるのでは

 

ないでしょうか。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。