一生賃貸で大丈夫?大きなお世話と言われそうですが・・

一生賃貸で大丈夫?

 

 

余計なお世話だと言われそうですが、最近一生賃貸で

 

良いよという人が昔と比べたら増えてきているそうです。

 

その理由を見てみると

 

1・資金的に家を買うことができない。

 

2・転勤族なので賃貸が便利

 

3・ローン地獄がいや

 

4・好きなところに気軽に引っ越せる

 

5・賃貸がお得だから

 

 

 

大体こんな意見が多いようです。

 

ま~要約すると持家だと住宅ローン、メンテナンスや税金やら

 

何かとお金がかかるが賃貸だと大家さんが何でもやってくれるので

 

気楽に住める。

 

ということです。

 

 

でも・・・

 

本当に単純な短絡的とも言えるそんな考えでいいのでしょうか?

 

 

人それぞれの考えでとやかく言うことではないのでしょうが

 

そんな人を見るとちょっと心配です。

 

 

何が心配かというと死ぬまで家賃を払い続けるという点です。

 

 

賃貸は気軽に引っ越しや家族の生活スタイルで住み替えができます。

 

また、メンテナンスも大きなものは大家さんがやってくれます。

 

 

これはこれでお得なことなんですが、家賃を一生払い続けるという

 

大きなリスクを多くの人は考えていません。

 

この家賃というのは住居費です。

 

 

支払いが終わることがない住宅ローンと同じです。

 

 

ローン地獄や一生住宅ローンを払いたくないと言いながら

 

家賃という「終わりのない住宅ローン」はあまり気にしない。

 

これっておかしいですね。

 

持家に住まおうが賃貸に住まおうがどちらも住居費としての

 

お金が必要なんです。

 

 

別に一生分のお金をたくさん持っている人や実家があり

 

将来はそこに帰るというような人は別ですが、それ以外の

 

人は将来的には住居に不安がある人です。

 

 

一生終わらない住宅ローンが良いのか、早めに一戸建てを建てて

 

仕事をリタイヤするころには既に住居費の住宅ローンが終わっている。

 

どちらがいいのかはだれでもわかるはずです。

 

 

気軽に引っ越せる?

 

若い時は確かにあちこちで暮らしたい気もしますが、

 

ある程度歳が行くと、住みなれたところが一番になります。

 

また持家の場合どうしても引っ越したいなら、売るか、賃貸に出すかして

 

引っ越しは手軽にできます。

 

 

引っ越し自体が手軽にというのもおかしいですが・・

 

どちらにしても良く考えた場合、賃貸に住むメリットはあまりありません。

 

大家さんはもちろん大喜びですが。

 

 

同じ住居費を払うなら音の問題や狭さの問題がある

 

賃貸に辛抱して住むより広々音の問題も気にならない

 

一戸建てが断然良いと思うのですがいかがでしょう。

 

 

ただ一戸建てを持つ条件として、長持ちする家を作るということです。

 

住宅ローンが終わった途端家の寿命も終わったでは

 

話になりません。

 

また、家を建てる時期は住宅ローンの期間に関係しますが

 

遅くとも定年退職前にローンが終わるようにしてください。

 

 

例外として

 

大金持ちは良いところを探し転々としてもOKです。

 

 

 

私も一度はお金持ちになってみたいです(笑)

 

でも無理でしょうね・・・

 

 

 

 

普通一般の人は大金持ちではありません。

 

私もあなたも?

 

そうですよね。

 

だったらリスクが高い賃貸より安心して暮らせる持家

 

を選択するのが一般的な考え方です。

 

もちろん、無理な住宅ローンを組まないことと

 

仕事をリタイヤする前に住宅ローンが終わることが

 

条件です。

 

私の場合は3年前に住宅ローンが終わりましたが、

 

もし賃貸で終わることのない家賃を払い続けなければならないと考えただけで

 

憂鬱です。

 

 

 

現在、住居費が負担になって生活に困窮している人たちが

 

大勢います。

 

 

賃貸ではなく持家が普通の人にとって良い理由は、人生の終盤において

 

お金の苦労をしないで済むということです。

 

これは明確な理由です。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。