窓が大きい、多い家は寒いかもしれない

窓が多い家や大きい窓がたくさんついている家は

 

明るく風通しが良く暮らしやすいように普通は思いますが

 

断熱性能は悪くなり、冬寒く夏暑い家になります。

 

 

窓が多い、窓の大きいという事は、その窓から暖気や冷気が出入り

 

するという事です。

 

 

家で窓が一番、断熱的には弱いところですので、

 

その窓の数が多い、窓の大きが大きいという事は、断熱的には

 

全く良いことが無いのです。

 

 

 

 

話は変わりますが、家づくりでは最低でも以下の3つのことを知って

 

おかないといけません。

 

 

①失敗しない、後悔しない家づくりを知っていますか?

 

②良い家とはどんな家か理解していますか?

 

③工事費の下げ方には大きく3つの方法がありますが、分かりますか?

 

 

この3つです。

 

ただ、これらは建築業界の裏側の部分が多いので通常の建築会社の

 

ホームページやパンフレットや資料では知ることはできません。

 

 

唯一知ることができるのは、このメルマガみたいに、本当のことを

 

包み隠さず発信している情報を読むことだけです。

 

 

残念ながら、このようなメルマガを発信し続けているところは

 

あまりありません。

 

 

色々な建築業者さんの勉強会や見学会もありますが、本当の

 

意味でのあなたが知りたいことは分かりません。

 

 

一生で1回きりの家づくり。

 

高額で住宅ローンを35年も払っていく家づくり。

 

 

失敗しない、後悔しないであなたにとっていい家を

 

安く建てていただきたいと思います。

 

 

①失敗しない、後悔しない家づくりを知っていますか?

 

②良い家とはどんな家か理解していますか?

 

③工事費の下げ方には大きく3つの方法がありますが、分かりますか?

 

 

 

この3つのことはまたこれから具体的に、お伝えして行きます。

 

 

また、この3つのことがハッキリわかればどんな家をどんな建築業者で

 

建てたらいいか?

 

そのあたりも明確になってきます。

 

 

 

 

失敗や後悔しない家を工事コストを下げて、あなたにとっての

 

いい家づくりをしてくださいね。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net