将来計画を考えた30代の家づくり

将来計画を考えた30代の家づくり

 

30代というと一番家を建てようかどうか悩む年齢ではないでしょうか。

 

30代となると結婚し子供が生まれ、自分一人ではなく家族とともに暮ら

 

していく年代でもあります。

 

 

30代は働き盛りでローンを長く組むことができるといった理由や、まだ

 

子供も小さいので教育費があまりかからないうちにといった理由から一番

 

家を建てやすい年代ではないでしょうか。

 

 

若いうちから家を持ちたいという希望の強い人であれば、独身のうちに貯

 

めておいた貯金を利用して結婚を機に家を建てるという方も少なくありま

 

せん。

 

 

 

家はとても大きな買い物です。

 

だからこそ建ててから後悔のないようにあらかじめしっかり考えておきたい

 

ものです。

 

 

30代で家を建てる場合、一番気になるのが子供のことです。

 

子供の人数は何人になるのか、子供の教育にはどの程度のお金をかけたいのか、

 

子供の遊び場や通学のことをといったことも一緒に考えないとなりません。

 

すべての希望を叶えることは難しいかもしれませんが、どうしたらよいか迷った

 

ときは一番何を重要視したいかを決めておきましょう。

 

 

 

まだ子供が小さかったり将来的に子供を作ろうと考えている場合、これからの生活

 

にどの程度の費用がかかるかわかりづらいかもしれません。

 

 

特に子供というのは授かりものでもありますので、予め子供は1人と決めていたとし

 

ても2人目がほしくなったりする可能性もあります。

 

 

子供が何人生まれても対応できるような家を建てることができればよいのですが、

 

そう簡単に対応できるようにと資金を出すことは難しいことでもあります。

 

 

また子供たちが巣立った後のことも考える必要もあるかもしれません。

 

将来のことを考えるというのは難しいことです。

 

 

子供にしろ仕事にしろ、老後にしろ将来のことを考えても計画通りにいくこととい

 

うのは稀なことかもしれません。

 

 

ですが現在の生活を照らし合わせて資金や将来の家族計画などを頭に入れつつ家を

 

建てる必要があるのが30代ではないでしょうか。

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。