別途工事や諸経費

家づくりをする時には資金計画をしますがその時に家の価格や建築費というのは

見積を取ったり相場で誰でも大体わかりますが、建築費以外の別途工事や諸経費等

は何がどれくらいの金額が必要か?

なかなか分かりにくいものです。

この別途工事や諸経費もしっかり見ておかないと予算オーバーしてしまいます。

 

家づくりに必要なお金は建築費と別途工事、諸経費の全体で考えてください。

 

一例

外構工事専門業者1,300,000
解体工事 解体業者800,000
造成工事 0
浄化槽工事 5人槽400,000
アンテナ工事 0
建築確認申請手続き設計事務所370,000
フラット35申請 150000
登記関係司法書士等150,000
住宅ローン保証料銀行450,000
住宅ローン手続き費銀行50,000
つなぎ融資金利 200,000
火災保険料 50,000
給排水加入金行政機関120,000
上下水道本管工事 200,000
土地代不動産業者8,000,000
近隣対策費 0
地鎮祭 棟上 30,000
構造計算費用 0
家具・家電購入費 200,000
地盤改良工事 1,400,000
予備費用 0

«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net