家づくりの質問

今日はQ&Aです。

 

よくある質問から抜粋。

 

 

Q・

 

ある人は半年ほど前に、大手のハウスメーカーでマイホームを購入しました。

 

購入にあたり見積を出してもらった会社は、

 

最終的に全部で3社だったそうです。

 

 

この3社はどこも大手のハウスメーカーです。

 

そして、どの会社も“がんばって値引きをするので何とか契約を

 

して欲しい”と言ってきたそうです。

 

 

値引き額は最初に提示してもらった見積から、少ない

 

ところで150万円、多いところでは300万円だったそうです。

 

やはり建築サポートさんでも、

 

こうした値引きはあるのでしょうか?

 

 

 

大手さんが良く使う値引き作戦ですね(笑)

 

 

A・

 

見積は、当社が会社を運営していくために必要な利益を計上し

 

た、適正金額を提示させていただきます。

 

もちろん、材料費は建築サポートの仕入れができる最安値を計上しています。

 

 

値引き分の余力を計上したお見積書を、お客様に提示することはありません。

 

そのため、“お客様のご希望予算より100万円オーバーしています

 

ので、その分は値引きさせていただきます”という値引きができません。

 

 

見積がご希望予算におさまらないときは、

 

仕様変更で調整させていただくことしかできないことをご了承ください。

 

 

もしそれでも、“100万円を値引きしないと契約しないぞ!”

 

とおっしゃられますと、残念ながら私としても満足できる最高の家を

 

提供できなくなるので引き受けることはできません。

 

 

建築サポートは、値引き交渉が出来ないお客様だけが「割高な家」にならないよう、

 

どのようなときでも適正金額のお見積書をご提示させていただいております。

 

最安値の材料の仕入れ価格+適切な工事ができる施工人件費+会社運営のための必要経費

 

 

 

と・・こう言う答えになります。

 

 

 

 

 

 

予算オーバーの場合、予算内に納める方法はいくらか

 

あります。

 

 

仕様変更も一つの方法ですが、間取り作成の時間を

 

減らす、作業工程を減らす等々いろいろな対策で予算内になるよう

 

しています。

 

 

ただ、あまりに安い価格での建築は、その金額に見合った家にしか

 

ならないということ、長い目で見ると割高になってしまうということを

 

考えなければいけません。

 

 

私が施主さんに提供したいのは価値ある家であり

 

夏涼しく冬暖かい家の性能であり、省エネであり、自然素材なのです。

 

そしてそこに住む家族の幸せなのです。

 

 

家は安けりゃ安いほどいいというものではないのですから。

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。