太陽光発電システムを載せるには都合がいい片流れ屋根

最近、多い屋根の形で片流れ屋根があります。。

 

コストを掛けたくない時や、太陽光発電システムをのせるには

 

最適な屋根の形です。

 

 

 

最も構造がシンプルな片流れ屋根は、屋根からの雨水侵入の

 

リスクが低く、費用面でもお得です。

 

 

しかし、軒裏の換気口や外壁からの雨水侵入の可能性が高いの

 

で注意が必要です。

 

 

また、屋根から流れ落ちた雨水が一方向に落ちるので、雨どい劣化

 

による被害は大きくなりがちです。

 

 

定期的にメンテナンスし、劣化や詰まりを見つけたら、すぐに対応

 

しましょう。

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、

 

 

駐車スペースに注意!

 

 

 

図面上では駐車スペースは十分に確保したはずなのに、

 

幅に余裕がなくて車庫入れが大変…。

 

そうなったら、

 

車を出し入れするたびにストレスが溜まりますよね。

 

 

それを防ぐために、

 

図面と同じ縮尺の『紙製車』を用意しましょう。

 

「道路の幅が○mだから、切り返しに○mの余裕が欲しいな」

 

と、イメージしやすくなります。

 

 

薄い紙だとすぐ動くので、

 

厚紙や段ボールを利用してもいいですね。

 

私も工務店をやっていた時は良くやっていた方法です。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。