建築費を賢く使うための家づくり

今年からから「佐賀の家を安くする!100棟プロジェクト」を

 

やるのですが、私自身もこのプロジェクトをなぜやるのか?

 

誰のためにやるのか?何の役に立つのか?

 

などを考えています。

 

 

 

 

この100棟プロジェクトの対象になる人は、当然ですが建築費を

 

自由に何も考えずに使える本当のお金持ちではありません(笑)

 

 

 

 

30代のご夫婦で手取り年収350万~380万円の人で子供2人、家族4人

 

のアパート住まい。

 

この人たちのための家づくりを考えています。

 

 

なのでこの人たちが土地付きのい戸建の家を持つとなると、

 

年収の5倍までが融資の適正ラインですので1750万~1900万円

 

になります。

 

 

この住宅ローンで土地付き一戸建てを持つと、

 

土地が500万円以下で建物が1250万円~1400万円になり、

 

諸費用の100万円~200万円は自己資金という設定です。

 

 

 

住宅ローンの借り入れが年収の5倍以下になれば、

 

新築後に住宅ローンに追われることなく、家族との

 

触れ合いもできますし、大事な人生を住宅ローンのために

 

働く必要はなくなります。

 

趣味や家族旅行、誕生日やお祝いの時の外食も遠慮なく

 

ドンドン楽しんでもらいたい。

 

 

 

お客さんが住宅ローンの支払いに困らないようにお客さんの立場に

 

立った家づくりがこれからは必要です。

 

 

これからの建築業者はどれだけお客さんの立場に立てるかです。

 

 

口ではお客さんのためだとか、お客さんの家づくりに心を込めてやります。

 

とか何とでも言えます。

 

 

でも大事なのは、そのお客さんに目に見える形で、実感できる住宅価格や

 

仕様で実現できていない業者は口だけの業者という事になります。

 

 

 

お客さんの立場に立つという事はそういうことです。

 

安くていい家を提供して初めて、お客さんの立場に立った

 

ということです。

 

 

 

お客さんの立場に立つという事は、良い家を安くすることです。

 

 

お客さんは建築会社の理念や考え方、心意気などを買っているのでは

 

ありません。

 

 

最終的に手にいる住宅の価格と仕様です。

 

その家を建ててからの暮らしを買っているのです。

 

もちろん、実際に安くて良い家を提供していてその上での

 

理念やコンセプトがあってもそれはそれで構いません。

 

 

 

しかし、

 

いくら建築会社のコンセプトや理念や想いが素晴らしく良くても

 

お客さんの立場に立っていないコンセプトや理念、想いは

 

建築業者の都合で建築業者のために作られたゴミです。

 

 

 

 

そういう事で、佐賀の家を安くする!100棟プロジェクトで

 

売るのは、建築業者の都合のいいコンセプトや理念ではなくお客さんの立場に

 

立った「安くてもいい家です」

 

 

 

そして、

 

住宅の商品種類(60種類)と仕様、価格、家づくりに流れ、Q&A、

 

それにこの100棟プロジェクトに参加している、建築サポート、工務店、

 

設計事務所、建材メーカー、建材店の紹介はこれからサイトをつくるので

 

それを見てください。

 

 

お客さんはこの100棟プロジェクトで提供する住宅と仕様、価格を見て買うか?

 

買わないか?建てるか?建てないか?

 

欲しいか?欲しくないか?

 

の決断をする。

 

 

今、家は欲しくないけど、将来的に家を持ちたい。

 

そんな人もみんなが100棟プロジェクトに参加していただけば

 

幸いです。

 

 

 

 

本心からお客さんの立場に立つという事はある意味、私自身の今までの

 

家づくりのコダワリをある意味捨てることになります。

 

 

なので、お客さんにとって最高ならどんな家づくりもやりますが、

 

自分の心の中に持っている家づくりの心根は変えないでやろうと思います。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net