家づくりの地盤改良工事にはお金がかかる

あなたは、宅地の造成に「盛土(もりど)」や「切土(きりど)」

 

といった方法があるのをご存知ですか?

 

 

盛土の場合、最も心配なのが地盤の弱さです。

 

転圧などの方法で強度を増す対策をしますが、土の状態をある程度

 

安定させるには造成してから1年以上必要です。

 

(人によっては、10年以上は土地を寝かせた方が良いといいます。)

 

 

 

 

また、もともとの地盤が弱かったり、田畑や湿地などを造成した場合、

 

家を建てるための十分な強度を得られないことがあります。

 

その場合、地盤改良工事をしてから新築することになります。

 

 

一方、「切土」は、斜面の一部分を切り取り、平坦な土地をつくる方法です。

 

ですから、もともとの地盤は固く締まった状態です。

 

 

ただ、切土である程度平坦にした後、表面を平坦に整えるため、盛土をすると

 

その分だけ地盤の強さが不安定になります。

 

 

といっても、切土の上に盛土をするならまだ安心。

 

 

最も心配なのは、切土と盛土が敷地を二分しているケースです。

 

そんな土地に新築したら、盛土に建てられた部分だけが年月とともにじわじわ

 

沈んでいく・・・という最悪のケースもあり得ます。

 

 

 

 

宅地造成の際、造成前の現況測量図をもとに、造成計画図がつくられます。

 

そこに記載されている造成前後の地盤の高さを比較すると、造成方法が切土か

 

盛土かわかります。

 

まあ、そこまで調べなくても、普通なら、土地の販売業者に聞けば造成方法に

 

ついて教えてくれるとは思いますが。

 

 

 

 

地盤改良の費用が大きいほど、家本体に使える予算が減ってしまいます。

 

それを避けるためにも、土地選びの際は地盤の強度も意識したいものです。

 

 

 

ちなみに地盤改良工事費はその地盤の状態で違いますが70万円~200万円

 

くらいです。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。