相見積もり・競争見積もりを希望されてもお受けできません。と言っていました。

今日は、相見積についてです。

家づくりの本には必ず2~3社から見積を取って

比べてみましょう。

また、適正な工事費なのかを判断する為にも

複数の会社から取りましょう。



なんて書いてあるのですが、この相見積は私の会社では

お断りしています。

 

と工務店時代は言っていました。

 

 

しかし、今は工務店ではないので相見積もり自体には参加できませんが

 

相見積もりを取るための手伝い、サポートはできます。

 

ただ、今の建築サポートの家づくりでは相見積もりは不要です。

 

なぜなら、あなたの予算内で見積もりや資金計画をするので

 

わざわざ相見積もりを取る必要はありません。

 

2000万円の予算ならその予算の中で最高のパフォーマンスに

 

成るように予算配分します。

 

一例ですが、建築予算が2000万円だとすると、

 

工事原価が80%の1600万円で工務店の経費利益が20%の400万円。

 

このように見積もります。

 

 

ただ、一般的な考えは相見積もりしないで一社で相談しながら

 

建てるというスタンスが良いのではと思います。

 

ただし、契約するのは金額や仕様など全て納得してからです。

 

契約は急いだらダメです。



家を建てる方の心情としては、できるだけ安くて良い家を建てたい

という気持ちがありますので、相見積を取り比較したいという

気持ちは分かります。


相見積もりを取って分かることといえば、全体の金額が高いか

安いかと言う事だけです。

そもそも、適正な工事費かどうかなんて素人の施主さんにはわかりません。

何を持って適正な金額とするかと言う基準が

この建築業界には存在しませんからね。



私が思う適正な金額とは、いわゆる「ぼったくらず

健全な会社経営」ができるだけの経費を含んだ工事費

だと思っています。






1円でも安い住宅会社に依頼したいのであれば、相見積は

有効な手段だと言えます。

相見積は金額だけの競争です。




そこには施主さんと作り手が協力して良い家を作ろうという

想いや信念、喜びなどはないのです。


私が理想としている家づくりは、施主と業者が共に協力しながら

一緒に考え家を完成させるという想いが強くあります。

つまり、施主さんが自分が建てたい家とその家づくりに掛かる

総費用をきちんと私に伝えその総費用の中でできるだけ

品質の高い家を作ると言うことです。



そういう家づくりをする為には相見積もりではそれが出来ないのです。



理由はいろいろありますが、見積の金額を見て依頼されても

私としては、命がけでその人の家づくりをサポートする気には

なれないからです。


金額で依頼されても信頼関係が出来ていませんからね。

金額だけなら、私でなくても他の住宅会社でもその人の家づくりを

することが出来るからです。

ぜひ、私にお願いしたいと言われて初めて命がけになれるのです。


私の考えや思いに共感して頂いた方と一緒に家づくりをしたいと

思っています。


ですので、相見積というか、見積さえ必要ないと思います。

なぜなら、既に金額は決まっているからです。

施主さんが希望する金額が2000万円なら2000万円の中で、

 

1500万円なら1500万円の施主さんの希望の予算の中で

やれるだけのことはやるからです。



施主さんの予算の範囲内で精いっぱいいい家を建てる。

だから、契約するまで見積もりは必要ありません。

必要ないというより、施主さんの希望が分からない限り作れません。




注文住宅とは、「施主が望む家をこの金額で作ってください」

というものではないのでしょうか。

けして、そこにある商品を買うのとは違うのです。

注文を頂いてからじゃないと正式に動けないのです。



その要求が無理な要求なら

「この金額ではこの家を作ることはできません。もう少し予算が必要です」

とハッキリいうのも私たちプロの役目です。


大事なのは、施主さん自身が「いくらで家を建てるのか」

「総予算はいくらまでならいいのか」

と言うのをわかっていなければいけません。


ただ、正式に契約する為にも2000万円の使い道は

キッチリさせなくてはいけないのでどこにいくら使う

という予算配分はしなければなりません。

それが工事費の明細=見積になるのです。

繰り返しになりますが、相見積もりをしないのは、

本当に「あなたに、頼みます。お願いします」という、


本当の施主さんを、結果的に粗末な扱いをしてしまうからなのです。

相見積をすれば、やるか?やらないか?わからない


人に時間を取られます。


本当に、私と家づくりを頑張りたいという施主さんにだけに、


精一杯良い提案をしたいから、お断りするのです。



そうすることで、お互い楽しい家づくりができます。

そのような出会いに感謝しています。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net