安くても高断熱・夏涼しく冬暖かい健康に暮らせる家

安くても高断熱・夏涼しく冬暖かい健康に暮らせる家。

安い家をつくるためにはムダな費用を使わない。

しかし、健康に暮らせる家でなければなりません。

 

最近の猛暑。

これに対応するには高断熱。

建築費用は安くても高断熱。

断熱材を厚くし窓の断熱性能を高め家中が涼しくなるような家。

 

建築サポートの展示場では外気温36℃で室温29℃でも湿度を55%くらいにすれば室内は割と涼しいです。

湿度が高いとジメジメして暑さも倍増ですが湿度を抑えると室温はそんなに下げなくてもいい。

そんな感じです。

 

断熱材の種類は基本何でもいいですが、隙間なく断熱材が入っているという事が大事です。

また、屋根や天井は夏の暑さを直接室内に流すのでここは断熱材の厚みを厚くします。

予算内でできるだけ厚くが望ましいでしょう。

 

グラスウールも価格が安くいいのですが、グラウスールを使う場合は大工さんの丁寧な施工がポイントになります。

 

 

 

 

 

雑な断熱材の施工で断熱材の役目を果たせなくなります。

 

 

 

高断熱サッシの採用。

 

 

 

 

 

夏涼しく冬暖かい家は24時間換気も大事です。

 

 

注文住宅の安さはトコトン追求しなければなりませんが、安さだけではダメで、健康に安全、安心に暮らせる住宅性能も必須です。

 

夏涼しく冬暖かい家はこれからの新しい高断熱の技術を使い

安価に建てる時代になったのです。

安い家と高断熱の家が当たり前の時代です。

 

■樹脂サッシとは

 

樹脂サッシとは、樹脂を使用した窓フレームのことです。樹脂は塩化ビニール樹脂とも呼ばれており、省エネにつながると期待されていることから使用が始まりました。
欧米圏では標準になっていますが、日本では現在アルミサッシを主に使用しており、これから普及しようとしている段階です。

■樹脂サッシのメリット

 

〇熱を遮断する

樹脂サッシは熱を伝えにくいので外の気温が家の中に伝わりにくいのです。そのため、冬でも家の中は寒くなく、夏でも暑すぎない快適な空間を作り出すことが出来ます。
特に外気は窓から入ることが多いため、窓サッシは効果的でしょう。

〇音を遮断する

工事の音などの周囲の騒音が入りづらいというメリットがあります。駅の近くであれば電車の音がうるさかったり、居酒屋の近くであれば深夜まで騒ぐ人がいたりと不快感を感じられる方も多いかもしれませんが、樹脂サッシを用いれば緩和されます。また、同時に家の中の音も外に聞こえづらいので、子供が楽しそうに遊んでいる姿も安心して見守ることが出来ます。

〇デザインが豊富

樹脂は着色しやすく、加工も容易なのでどのデザインにも対応できます。引き違い窓、縦滑り出し窓、内倒し窓などの様々な窓の種類がありますが、基本的にどのタイプの窓にも対応可能なので、窓にこだわりがある方でもこだわりがない方でも樹脂サッシをご利用いただくことができます。

 

※建物の大きさにより坪単価は変わります。

注文住宅のローコスト化を実現する建築事務所

建築サポートからの提案!

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。