注文住宅を建てる前に読む簡単に建築費が下がる方法。

誰でも簡単に建築費が下がる方法が7日で分かる。

こんなメルマガどこにもない!こんな家づくりはどこにもない!

 あなたは家づくりにこのような悩みはありませんか?

マイホームは一生のうちでもっとも大きな買い物になることも多いです。どんなお家に住もうか夢が広がる一方で、このようなお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

  • 理想のマイホームを建てたいけれど収入が足りない
  • 家づくりの費用の内訳が知りたい、効率よく費用を使いたい
  • ハウスメーカーは良いことばかり話すけど本当に信じていいの?
  • 見積書を見ても、何にいくらの費用がかかっているのかわからない
  • 予算オーバーしているので建築費を300万円~800万円下げたい
  • 建築費が安くなった分で自分のコダワリを実現するのに使いたい!

このようなお悩みを解決したいならメルマガ「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」を今すぐご覧ください。
※携帯電話のメールアドレスで迷惑メールの設定をされている場合はエラーになりメルマガが届かない場合があります。

 「安くてもいい家を建てる方法」では、このようなことがわかります。

私たちの提供するメールマガジン「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」はムダな費用を省いた適正価格で理想の家を建てるための方法を分かりやすい手順でお伝えします。

最近はお客様のご予算に合わせて「値段の安い家」を提供するハウスメーカーがたくさんあり、どれも綺麗で住むには十分に見えます。しかし、その実態は材料費や施工費、設計費だけを削減した品質がそれなりの家ばかりなことをご存知でしょうか?

そうである以上理想の家づくりを実現するにはまず建築業界の実態を知り、業者と対等に話せる知識を身に着けなければいけません。

このメールマガジンを読むだけでもこのようなことがわかります。

  • 理想のマイホームを建てたいけれど収入が足りない
  • 家づくりの費用の内訳が知りたい、効率よく費用を使いたい
  • ハウスメーカーは良いことばかり話すけど本当に信じていいの?
  • いい家は高いと言うけれど家の本当の価格っていくらなの?
  • 家づくりの正しい手順、流れで建築費が安くなるの?
  • 見積書を見ても、何にいくらの費用がかかっているのかわからない

建築費を下げるためには、メールマガジンでご案内する「正しい手順」で家づくりを進める必要があります。このメルマガを読み実践することで、出来上がる家の品質はそのままに、建築費を安くすることが可能です。

 お客様の声

北九州市在住 津田さん

私は数年前に「欠陥住宅だけは避けなければ...」という思いで毎日色々なサイトを見回っていました。自然素材、安心、長期優良などこちらの求める単語検索を繰り返していた時に出会ったのが建築サポートさんのサイトです。社長の想いが心に響き、まさに運命だと思いました。

そしてメルマガをすべて読み終わった時「ここで家を建てなければ一生後悔することになりそうだ」「高井代表に直接会って色々話さなければいけない」と思いました。建築サポートさんは佐賀県の会社ですが佐賀県外に住む私の元にも足しげく通っていただけました。

サポートさんのメルマガは、機械の向こうに確かに人を感じ、建築に対するこだわりや熱意が届きました。

神埼市在住 中島さん

なんとなく家を新築しようかなあと考え始めたのは8年前のこと。新聞の折込にあった大手住宅メーカーの広告を見てモデルハウスを見に行ったのがきっかけでした。それから家づくりの勉強を始めてたくさんのメーカーを調べていく中で建築サポートさんのメルマガに出会い、建築に至っています。

高井さんの人柄はもちろん、家づくりの姿勢にすっかり共感し、新築を決意できるようなメルマガでした。

「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」メルマガ登録はこちら

「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら
※ドコモなど携帯メールアドレスはエラーになり届かない場合もあります。

 よくあるご質問

具体的にはどんな内容のメールが届きますか?

安さと高品質を実現するための情報を7回にわけ、分かりやすくお伝えします。建築業界の実態や、家を建てる時にお金をかけるべきポイント、納得できるまで設計図を修正する重要性などハウスメーカーが教えたくない情報が盛りだくさんです。

たとえば、安い家を建てたいときに「安かろう悪かろう」の発想で材料費や施工費、設計費の妥協はしょうがないと思いがちですが、むしろ建築の質や住み心地に関わる費用は増やさなければいけません。実は家を建てる費用の多くは現場の家づくりに関係のないところへムダに払われています。正しい知識と正しい手順で家づくりを行うことで安くても適正価格の家が建築できるのです。家を建てた後に後悔や失敗したとならないためにも正しい情報を知り正しい家づくりの手順で家づくりができるようになります。

勧誘や営業されませんか?

建築業界と言えばしつこい勧誘や営業電話のイメージがあると思います。このような状態では家を買うこと自体が不安になるのも当然です。私たちはお客様を第一に考え一方的な訪問営業や電話営業はいたしません。

個人情報については厳重に管理し、司法捜査機関による開示要求を除き第三者に提供いたしません。メールアドレス、件名、苗字の登録だけですから悪用のリスクはとても低いです。

どうして建築費を安くできるの?

建築費を安くできるのはそもそも「建築に関わらないムダな費用」の比率が大きいからです。家づくりは現場だけでなく様々なところに費用が発生しています。広告宣伝費、営業マンの報酬、豪華な自社ビルやモデルハウスの費用。業者によっては不要な打ち合わせや遊んでいる社員お給料、全く家づくりにかかわらない役員報酬など文句を言いたくなるようなお金の使い方がされています。

私たちの提供するメルマガでは「現場建築に関わる費用は上げる」「会社経営の経費は極力払わない」ための方法をご紹介します。もちろん、同じ費用でよりあなたの満足に寄与するお家を建てるポイントもご説明いたします。そしてあなたも建築業者も設計者も誰もが納得し楽しく家づくりができる方法であなたや家族が幸せに暮らせる家づくりをしてください。このメルマガで一番お伝えしたいことはあなたや家族が幸せになることかもしれません。

「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」メルマガ登録はこちら

「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら
※ドコモなど携帯メールアドレスはエラーになり届かない場合もあります。

 運営会社について

一生に一度の高価なお買い物を失敗してほしくない

「無知で家を建てる・・・」
何も知らずに 建設業者のいいなりでのマイホームづくりは危険」

一生に一度の高価なお買い物を失敗してほしくない皆様、マイホームづくりで一番重視しているところはどこですか?


  • 有名なメーカーだから安心なのでしょうか?
  • 費用が高いから、いい家ができるのでしょうか?
  • お知り合いの紹介だから安心なのでしょうか?

「いい家をできるだけ安く作りたい」のは誰しも考えることです。
ただ、建設業界を知らないと、いくら安くマイホームを作れても、その分の品質も落ちます。

建設業者の裏表を知っていると、費用の安いマイホームでも、費用以上の品質の高いマイホームが手に入れることが可能です。 新築のプロのアドバイザーが「知っていると得をする裏ワザ」を伝授いたします。


会社概要

会社名 有限会社 建築サポート(建築業歴45年)
住所 〒849-1401 佐賀県嬉野市塩田町久間甲860
代表者 高井 弘一郎(2級建築士・建築大工)
事業内容 新築住宅の企画計画アドバイス・プロデュース・設計図仕様書の販売・建築サポートオリジナル住宅の建築
TEL 0954-66-5732 (受付時間は8:30~17:00)
FAX 0954-66-5734(24時間受け付け)
MAIL info@kenchiku-support.jp(24時間受け付け)
営業時間 8:30~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日(住宅相談は要予約)
許可・資格 ・宅地建物取引業者 (1)2413号
・建設業許可 佐賀県知事(般27)‐9155号
・建築士 事務所登録 佐賀県知事(第ろ)1626号
・2級建築士 3555号
・佐賀県子育て応援の店事業登録店
営業エリア

【佐賀県】嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、その他全国対応可能

「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」メルマガ登録はこちら

「安くてもいい家を建てる方法 誰でもカンタンに建築費は下がる!」メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら
※ドコモなど携帯メールアドレスはエラーになり届かない場合もあります。
 

«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net