家づくりで追加変更は有るんですが・・

家づくりのサポートとは簡単なようで

 

実はなかなか難しい部分もあります。

 

それは何かというと、事実を言うことです。

 

家づくりにはいろいろなお金がかかってきて

 

その一つ一つを明確にすることは大事なんですが

 

工事が終わってみなければ、分からないような

 

部分もあるんですね。

 

 

例えば、工事が進んでいく過程で建て主さんが必ずと言っていいほど

 

やることがあります。

 

 

それは、追加、変更です。

 

 

ホントはその追加変更に対応できる予備費があればいいのですが

 

それは見積もりの項目としてはふさわしくないと思います。

 

必要か必要でないのか分からない時点での予算取りはなかなか

 

建て主もしにくいのではないかと。

 

 

ただこの辺のところをきっちりやっておかないと

 

予算が足らなくなったりします。

 

このような事実を隠すことなく建て主に

 

言うことこそ大事なことなんですが、理解を得るためには

 

必要なことでもあるんですね。

 

 

ま~いろいろ考えても仕方ないので、

 

事実を隠さずありのまま言うことにしています。

 

 

出来るだけ難しいことは考えたくないので(笑)


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net