家づくりは価値観が合う者同志でやろうよ

家づくりの方法に関しては、今も試行錯誤で

 

やっていてどれが一番なのか

 

正直なところ私自身わかりません。

 

建て主さんもいろいろな考えの方がいて、いろいろな状況の中での

 

家づくりをされているのです。

 

だから、建築サポートの分離発注や、私の家づくりの考え方や

 

価値観に共感できない方々も多いかと思います。

 

 

ただ、今までの施主を蚊帳の外に置く

 

やり方はダメだと実感しています。

 

私が考える家づくりは、

 

施主を家づくりの中心にして、あくまで私たち家づくりの専門家は

 

家づくりの手伝いをする立場としての位置づけがベストかと

 

考えます。

 

 

ついつい、業者主導になりがちですが、

 

私は、建築のサポートという立場を

 

貫き通したいと思っています。

 

そして、価値観が合う方との家づくりができればそれはそれで

 

良いかと思います。

 

ムリして全ての建て主さんに合わせて家づくりをする必要もないですし

 

建て主さんも無理して私との家づくりをする必要はありません。

 

人は皆自由ですから自分が思うようにすればいいのです。

 

家づくりは楽しみながらやるものです。

 

ムリはしたらダメですよ。

 

心にも身体にも悪いですからね。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net