打ち合わせの期間が足らなくて失敗する場合

お正月はどのように過ごされましたか。
この休みの間に家づくりの相談をご家族でされた方も多かったと思います。

そこで、今日は、打ち合わせの期間が足らなくて失敗される場合が
多い家づくりのスケジュールについてお話したいと思います。

このスケジュールをきちんと立てていないと、
「希望する入居日に間に合わなかった」り十分な打合せが出来ずに、
「思い通りに家を作る事が出来なかった」りします。

ですから家づくりの計画をするときは、このスケジュール管理をしっかり
行なわなければなりません。

【写真:参考デザイン】

liv02054
例えば、私の会社の場合は「今年の12月の中旬に入居したい」
とすると、50坪くらいの家の標準的な工期が5ヶ月(外溝含む)
はかかりますので、7月には着工していなければなりせん。

そうなると、3月から打ち合わせを始めたら、もしかしたら
遅いかも知れませんね。

2月くらいからはいろんなお話や打ち合わせをしていった方が
確実に良い家を作る事ができます。

今年中に引越し入居されたい場合は2月くらいから家づくりの話しを
させていただいたら幸いです。


私の失敗談で本当は話したくないのですが、あなたの
参考になるならと思いお話します。

以前、実際あった事ですが、間取りも決まり契約も結んだ後に
お客様の親類の方からプランにクレームが付きました。

家が大きすぎるということでした。

そしてお客様が間取りを変更したいと希望されました。

材料の発注も終わりお客様納得の上のプランで
通常は変更は無理な状況でしたが、私としてはなるだけ希望に添いたい
ということで、変更に応じました。

ですが、会社としては多大な損害を受けました。


最終的にお客様のご希望を聞いた私の全責任ですが、お客様自身が
プランや契約金額を決める時に十分に検討して欲しかったと思いますし、
お客様が最終的に決めた「プランや金額を安易に変えたらいけない」
と深く反省しました。


変更をできるだけしないためにも十分な打ち合わせ時間が
必要なのです。

変更をすればする程、経費も掛かるし工程も遅れてきます。

このケースは何も打ち合わせ時間が無かったからと言うことでは
無いのですが、このような事もあるということで、
余裕を持った十分な打合せ時間を取ることをお勧めします。



ただし、ダラダラと打ち合わせしていてもお互い時間のムダですから
効率よく打ち合わせをする必要があるということは言うまでもありません。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net