家は会社がつくるものではなく職人が作るもの?

ImageStoreCAH4IP16

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の内容は西洋漆喰パビスタンプ社長から私宛に届いたメールです。


住宅業界を知れば知るほど血圧が上がりますよ!

この文章は、熊本市在住の建築士F氏からの、年賀状に
書き添えてあった内容です。

彼は、建築ジャーナルの文筆家であり、各地で建築の問題点に
ついて講演に参加している偉い人でもあります。

そもそも、家作りは、設計図面、建築材料、職人、
この三つの要素を満たせば可能なものです。

欧米ではゼネコンも、住宅メーカーの存在しません。

欧米では、職人が家を作っていますから、良い材料を使って
安価で建築できます。

しかし、日本では、企業が家を作っている為に、
企業の論理『利潤追求』が最優先されますので、
安い建材、安い設計料、安い工賃『職人賃金』。。等を

徹底的に追求します。

又、モデルハウスへも多額の出費が嵩みます。
。。。 

皆さん、その結果はどうなるか考えてみて下さい?

F氏の言葉 -住宅業界を知れば知るほど血圧が上がる!とは、
会社の利益が最優先で、住まい手の意見とか、夢は、二の次
という事であり、いい加減な建材を使って、
いかに誤魔化しているか?。。。に対する、皮肉を込めた言葉でしょう。

誠実で、まともな建築士、建築家、工務店であれば、
疑問に思う。当たり前の事です。

どんなに世の中が変わろうとも、正しく、良いものは
必ず世の中から評価されると思います。
本質的なもの、哲学的なもの、原理原則は不変です。

最後に、家は職人が作るものです。企業がやる産業ではない。
これが、家作りの本質的なものです。

以上です。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net