睡眠の時間と質、満足していますか?

■睡眠の時間と質、満足していますか?

 

 

  厚生労働省の調査によると、

 

  1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合は、

 

  平成19年を境に、年々増加しています。

 

  彼らの40%以上は日中に眠気を感じています。

 

 

  また、フジ医療器の調査によると、

 

  ・寝ても疲れが取れない

 

  ・何度か目が覚める

 

  ・なかなか寝付けない

 

  などの理由で、

 

  97.1%もの人が睡眠への不満を訴えています。

 

 

  あなたはどうですか?

 

 

 

  ■夫婦別室

 

 

  「夫婦の寝室を別にすると離婚につながる」

 

  という説は根強いですね。

 

 

  しかし、配偶者のいびきや就寝時間の違いなど、

 

  同室で眠ることが睡眠の質を悪くするのなら、

 

  むしろ寝室を分ける方が賢明です。

 

 

  睡眠に満足できない状態が続くと、

 

  やがて心身の健康が損なわれます。

 

  イライラしやすくなり、

 

  仕事や人間関係にまで影響を及ぼすことがあります。

 

 

  間取りの関係で別室にできなくても、

 

  クローゼットや間仕切りで緩やかに区切ることはできます。

 

 

  夫婦のどちらかが睡眠時間や質に不満を抱いているのなら、

 

  新居の睡眠環境について、お互いの本音を伝えて話し合いま

 

    しょう。

 

 

 

   ■50代以上の夫婦は…

 

 

  積水化学工業住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究所が、

 

  「定年後の夫婦の暮らし」について意識調査を行いました。

 

  夫婦の寝室の希望について聞いたところ、

 

  同室・・・53.1%

 

  別室・・・46.9%

 

  と、それほど大きな差はありませんでした。

 

 

  しかし、「どちらかというと夫婦別室にしたい」

 

  「夫婦別室にしたい」という人の割合を男女別で見ると、

 

  男性・・・39.6%

 

  女性・・・55.6%

 

  と、はっきりとした違いが…。

 

 

  特に、夫婦別室を強く希望する女性の割合は、

 

  6年前の調査から10ポイント以上増加しています。

 

 

  いろいろと考えさせられる結果ですね。^^;

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net