睡眠の時間と質、満足していますか?

■睡眠の時間と質、満足していますか?

 

 

  厚生労働省の調査によると、

 

  1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合は、

 

  平成19年を境に、年々増加しています。

 

  彼らの40%以上は日中に眠気を感じています。

 

 

  また、フジ医療器の調査によると、

 

  ・寝ても疲れが取れない

 

  ・何度か目が覚める

 

  ・なかなか寝付けない

 

  などの理由で、

 

  97.1%もの人が睡眠への不満を訴えています。

 

 

  あなたはどうですか?

 

 

 

  ■夫婦別室

 

 

  「夫婦の寝室を別にすると離婚につながる」

 

  という説は根強いですね。

 

 

  しかし、配偶者のいびきや就寝時間の違いなど、

 

  同室で眠ることが睡眠の質を悪くするのなら、

 

  むしろ寝室を分ける方が賢明です。

 

 

  睡眠に満足できない状態が続くと、

 

  やがて心身の健康が損なわれます。

 

  イライラしやすくなり、

 

  仕事や人間関係にまで影響を及ぼすことがあります。

 

 

  間取りの関係で別室にできなくても、

 

  クローゼットや間仕切りで緩やかに区切ることはできます。

 

 

  夫婦のどちらかが睡眠時間や質に不満を抱いているのなら、

 

  新居の睡眠環境について、お互いの本音を伝えて話し合いま

 

    しょう。

 

 

 

   ■50代以上の夫婦は…

 

 

  積水化学工業住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究所が、

 

  「定年後の夫婦の暮らし」について意識調査を行いました。

 

  夫婦の寝室の希望について聞いたところ、

 

  同室・・・53.1%

 

  別室・・・46.9%

 

  と、それほど大きな差はありませんでした。

 

 

  しかし、「どちらかというと夫婦別室にしたい」

 

  「夫婦別室にしたい」という人の割合を男女別で見ると、

 

  男性・・・39.6%

 

  女性・・・55.6%

 

  と、はっきりとした違いが…。

 

 

  特に、夫婦別室を強く希望する女性の割合は、

 

  6年前の調査から10ポイント以上増加しています。

 

 

  いろいろと考えさせられる結果ですね。^^;

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。