注文住宅、日当たりを考えてみる

家づくりをする人で日当たりを気にされる方は

 

 とても多いです。

 

 確かに冬の寒い時期はお日様の暖かさは心地よいですからね。

 

 

 

 ■夏至から秋分まで

 

 

  太陽の角度は、季節によって変化します。

 

  今の時期はまだ低いですが、夏はとても位置が高くなります。

 

  そのため、夏の日差しは

 

  朝と夕方に限って、北側の窓からも侵入します。

 

  ただ、真北は全く日が当たらないケースもあります。

 

 

 

  ■入射角を意識する

 

 

  北側の窓の近くに置かれたベッド。

 

  そこは、夏の朝日が届く場所。

 

  まだ眠っていい時間なのに、眩しくて眠れない…。

 

 

  そんな時、カーテンの遮光性が低かったら

 

  買い替えるまで眩しさを我慢するしかありません。

 

  「北側の窓に日差し対策は不要」

 

  と油断すると、思わぬ出費に泣く可能性があります。

 

  気を付けたいですね。

 

 

 

  ■日々の暮らしを、より具体的にイメージする

 

 

  「起床時間は、夏も冬も6時半」

 

  「冬はともかく、夏は帰宅したらすぐに入浴する」

 

  「勉強は、夜より早朝にすることが多い」

 

  など、いつ・どこで・どんな風に過ごすかを

 

  より具体的にイメージしましょう。

 

  そして、そこに太陽の動きを当てはめてみましょう。

 

 

  西日が差す時間帯に入浴するなら、

 

  浴室の西側に窓があるとつらいですね。

 

 

  朝の直射日光を避けた場所に机があるなら、

 

  朝の光を穏やかに感じながら勉強ができます。

 

 

  ドアとクローゼットの配置の関係で

 

  窓の前にしか机を置けない。

 

  夏だけは、勉強する時間帯に直射日光が届いてしまう…。

 

  そんな時は、窓の位置を高くするか、

 

  遮光性の高いカーテンを設置しましょう。

 

  そうすれば、直射日光によるストレスとは無縁です。

 

 

 

  あなたも、間取り図を広げて

 

  時間ごとの家族の行動パターンを振り返ってみませんか?

 

  対策が必要な場所が見つかるかもしれませんよ。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net