注文住宅を建てる土地に完璧を求めても

駅やバス停、店舗や病院、金融機関や学校などが近くにある土地は、

 

利便性が高いので人気がありますね。

 

将来、売却する際も有利です。

 

 

しかし、利便性の高さは

 

捉え方によってはデメリットになります。

 

 

駅が近いと、電車や踏切の音に悩まされるかもしれません。

 

バス停がある道路は交通量が多いかもしれません。

 

車やバイクの走行音や排気ガスで苦労するかもしれません。

 

 

 

コンビニが近いと、深夜でも人や車の出入りがあります。

 

静かな環境を好む方には、ストレスの原因になることでしょう。

 

 

病院が近いのは心強いのですが、それが救急病院だと、

 

時間を問わず救急車のサイレンを耳にすることになります。

 

 

消防署が近い場合も同様です。

 

救急車は出動回数が多いので、

 

サイレンの音で眠りを妨げられることも少なくないでしょう。

 

 

学校や保育施設が近いと、

 

子供の声や運動会などの音は覚悟しておかなければなりません。

 

 

風下の土地なら、

 

強風の度、校庭の砂が自宅に飛んでくるかもしれません。

 

 

また、自宅前の道路が通学路の場合、

 

登下校時間帯は歩行者や送迎の車が増えます。

 

 

道路からの視線や歩行者の話し声が気になる人にはつらいですね。

 

もし、お気に入りの土地に隣接する道路が

 

『通学時間のみ一方通行になる』などの制約があるなら、

 

出社や買い物など、日頃の生活に支障を来たさないか

 

確認しておきたいものです。

 

 

 

公園が近くにあると、

 

自分の子供を外遊びさせる時に助かりますよね。

 

 

しかし、よその子の遊び声や花火の音で、

 

窓を開けて過ごせなくなるかもしれません。

 

 

 

不衛生な公衆トイレがあれば悪臭が漂います。

 

花や木、水場などがあると、蚊などの害虫が増えます。

 

 

 

環境が良くて値段もお手頃な土地がありました。

 

しかし、その土地の近くに牛舎があり風向きで糞尿の臭いが

 

風に乗って漂っています。

 

 

 

このように、どんな土地にも

 

周辺環境によるデメリットはあります。

 

 

土地を選ぶ際は、デメリットにこそ目を向けてみましょう。

 

そして、そのデメリットが家づくりでは解決できないもので

 

あなたのストレスになると判断したなら、

 

その土地は縁がなかったものと割り切りましょう。

 

 

ちなみに、救急車両のサイレンの音の大きさは、

 

道路交通法により

 

『その自動車の前方20mの位置において

 

 90dB以上120dB以下であること』

 

と決められています。

 

 

 

踏切警報音は、音量を調節できるので

 

周辺環境によって音量が異なります。

 

ストレスだと感じる音量は人それぞれです。

 

 

ペアガラスだけで十分な場合もあれば、

 

建物全体の防音性能を高めなければならない場合もあります。

 

 

土地のデメリットは

 

家づくりの予算配分に影響を及ぼすことがあります。

 

 

予算オーバーにならないためにも

 

気になる土地のデメリットを事前に把握しましょう。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。