家づくり計画は最初が肝心

家づくり計画は順調に進んでいますか?

 

  もしかしたら、理想と現実のギャップに

 

  苦労しているかもしれませんね。

 

 

 

 

  新居での生活をいつ始めたいか。

 

  そのために今月は何をすべきか、

 

  今週は何をすべきか、

 

  具体的な行動計画を立ててみましょう。

 

 

  寒くて土地の現地調査をするのがつらいなら、

 

  今は勉強週間にしてみませんか?

 

  今週は「火災保険の勉強」、

 

  来週は「住宅ローンの勉強」というのもいいですね。

 

 

 

  ■より幸せになるために、無理をしない

 

 

  家づくりの目的は、

 

  『家』という器を完成させることではありません。

 

  『家族揃って楽しく幸せに暮らすこと』です。

 

  そのために最も大切なのは、

 

  無理のない資金計画をすることです。

 

 

  頭金を増やすために手持ち資金をギリギリまで削ったら、

 

  不測の事態に対応できません。

 

 

  身の丈以上の住宅ローンを組んだら

 

  返済に追われて生活を楽しめません。

 

 

 

  ■人生最大の買い物

 

 

  多くの人にとって、人生最大の買い物は『家』ではありません。

 

  『住宅ローン』です。

 

 

  「頭金なしでも住宅ローンを組めます」

 

  というセールストークを耳にしますが、

 

  ・頭金なしなら、総支払額はどれくらいになるか、

 

  ・もし頭金を2割用意したら、

 

  頭金なしと比べて支払総額はどれくらい違うか

 

  などを、業者は積極的に教えてくれません。

 

 

  甘い言葉に惑わされず、

 

  後悔しない家づくりをするために、

 

  家づくりに必要な行動を書き起こし、

 

  地道に取り組んでいきましょう。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net