安くてもいい家は本当か?

安くてもいい家は本当か?

 

 

今までの家づくりの経験の中で思ったのは

 

お施主さんは本当に家づくりの事を知らないな~

 

もっと家づくりの正しい情報をしれば安くても良い

 

家ができるのに。

 

 

という事でした。

 

その時からでした。

 

 

お施主さんに正しい家づくりの情報を伝えよう。

 

安くてもいい家をつくるのは可能なんですよ。

 

という事を実際に家づくりで実現しようと工務店を

 

止めて安くてもいい家をつくるための手伝いをしようと

 

腹を決めました。

 

 

 

こんな方法で工事すれば、きちんと工事ができるのか。

 

この方法で契約すれば施工店も建材店も納得できるのか。

 

このムダな費用を省けばこんなに建築費が下がるのか。

 

という事が今までの家づくりの経験の中で分かってきたの

 

です。

 

 

家づくりというと専門的な知識が必要で施主がカンタンに

 

自分一人で出来るものではないと思われているかもしれません。

 

 

 

また安くてもいい家ができるわけもない。

 

そう思われているかもしれません。

 

確かに一般的な常識的な話ではそうなります。

 

 

安い家はそれなりの家ですし、安くてもいい家が常識では

 

出来るわけがないのです。

 

 

しかし、常識というのも一番最初は非常識だったことを考えると

 

安くてもいい家というのも初めてやる時は非常識でもこれが長い間に

 

常識になっていきます。

 

 

もちろん、その安さにも限界があり、今の相場の建築費の半額では

 

作ることはできませんが、あなたの予算の中で安くてもいい家を

 

つくることは可能なのです。

 

 

 

 

 

 

「安くてもいい家を建てられた」多くの人は住宅ローンに追われることなく

 

仕事にも人生にもそして一番大事な家族との楽しい暮らし、限られた時間を

 

堅実に使いくらしています。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。