家づくりで大事な事は資金計画

家づくりで大事な事は、たくさんあります。

 

 

暮しやすい間取りや便利な設備機器、カラダにいい建築材料

 

断熱性能を高める為の素材他にも一杯ありますよね。

 

今は省エネ、高断熱、高耐震なども優先順位が高いです。

 

 

 

確かにこれを考える事も、失敗しない家づくりには大事な事です。

 

しかし、やはり一番最初に考えなければならない事が実はあります。

 

何だと思いますか?

 

 そう、資金計画です。

 

あなたが言われる通り家はとても高額な商品です。

 

 

私は、商品と言う言葉は好きじゃありませんが、施主さんも他社さんも

 

商品と言っているので、商品という言葉もだんだん違和感が無くなって

 

きています(笑)

 

今は商品という言い方はどうでもいいと思うようになった(笑)

 

あくまで内容!

 

 

 

 

 

家はどうしても高額になる為、最初から予算ありきで考える必要が

 

あるのです。

 

 

 

間取りや、デザインを考える前に予算をまず考えなければなりません。

 

住宅会社や工務店も予算の事はお客さんに、なかなか聞きにくい

 

ものですから後回しになる場合が多いのです。

 

 

 

とりあえず、予算は後回しにして、プランやデザインを先に考えて、

 

打ち合わせを進めていって、おー良いプランが出来たと喜んで

 

いざ見積をしてみるととても住宅ローンを借りて、払える金額では

 

なかったと言う話はいくらでもあります。

 

 

何ヶ月もかけて打ち合わせをしてきたのに全くの無駄になってしまった

 

のです。

 

そうならないためにも、プランを考える前か同時に、予算も

 

しっかり把握しておく必要があります。

 

 

しかし、無理して建てなくて良かったとも言えます。

 

ムリして建てたら住宅ローンの返済で苦しむことになりますから。

 

 

 

 

ここで一つ注意する事があります。

 

多くの住宅会社では家の価格を本体価格と別途諸費用とに

 

分けて表示しています。

 

 

 

広告などに掲載されている金額はほとんど本体価格ですので、

 

それだけで家が建つと考えていたら、諸費用の分が不足したという

 

事例も珍しくありません。

 

 

 

本体価格とは、敷地やお客さがどのような条件でも変わらないもの

 

例えば、基礎工事、大工工事、屋根工事など家づくりの基礎となる

 

工事です。

 

 

別途諸経費とは、お客さんの条件や要望で変わるもの、例えば

 

外回りの外溝工事、駐車場のカーポート、敷地の大きさによって違う

 

外部給排水工事、引越し費用、登記費用、住宅ローン経費、地鎮祭費用

 

エアコン費用、地盤補強工事費などが諸費用に当たります。

 

 

 

一般的には本体価格とは別に、100万円から300万円

 

庭などを豪華に造れば500万円程度掛かる場合もあります。

 

ですから、家を建てて住めるようになるには、全部でいくら掛かるのかを

 

知らなければいけません。

 

 

けして本体価格だけでは住めないのですから、総費用がいくら

 

掛かるということを知った上で、プランやデザインを考えて家づくりを

 

進めてください。

 

 

 

住宅会社や工務店は施主さんの懐具具合は詳しくはわかりませんので

 

ご自分でしっかりとした資金計画、返済計画を立てることをお勧めしています。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net