家づくりトラブル

職人のマナーと近隣住民とのトラブル。

 

 

 

家を建てるための工事というのは、大きな音を出すことになったり

 

重機などを使うために大きな車両が通るようになったりと近隣の住民

 

の方にもご理解を得る必要があります。

 

 

他の土地から新しく移ってきた方であれば、これからその土地の住民と

 

なるのですからなるべく近隣の方とのトラブルは起こさず仲良くしてい

 

きたいと思うのは普通のことではないでしょうか。

 

 

しかしその家を建てる職人のマナーによって近隣住民との溝ができたり

 

亀裂を作ってしまう恐れがあるのをご存じでしょうか。

 

 

 

家を建てる場合とても多くの職人が関わることになります。

 

基礎を作る職人であったり、木を組む職人、窓をはめる職人、瓦をはる職人

 

といったように多くの場合専門の職人が携わるため家を建てる現場にはとて

 

も多くの方が出入りするようになります。

 

 

 

ある職人の会社はとてもマナーがよいのだけど、ある職人の会社だけとても

 

マナーが悪いなんてこともありえるのです。

 

 

 

現場ではよくラジオを聴きながら仕事をする職人がいるのですが、工事しな

 

がらでも聞こえるように、とても大音量にしていて近隣住民が迷惑していたり、

 

狭いからといって勝手に隣の敷地に入り込んで仕事をして庭を踏み荒らしたな

 

んてトラブルはとても多くあります。

 

 

 

ゴミをそのまま道端においていったり隣の家の周りも泥だらけにしていった

 

なんてトラブルも少なくありません。

 

 

施工主が悪いわけではないのわかっていても、こうした業者が毎日のように

 

来られては近隣住民もその新しく建つ家の施工主に対してもあまり良い感情

 

を持ちません。

 

 

これから何十年とお付き合いがあるかもしれないのに、最初から躓いていては

 

良好な関係を築くというは難しいものになってしまいます。

 

 

それだけ職人のマナーというのは家を建てるとき、これからそこで気持ちよく住ん

 

でいくためにもとても重要なことです。

 

 

もちろん自分の家を建てるのですからしっかりしたマナーを持った人に建ててもら

 

えるほうが信頼できます。

 

 

ですから家を建てるときにはしっかりしたマナーを持った建築会社に依頼したい

 

ですね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net