家を建てる人にとって一番大事なお金の話

家を建てる人にとって一番大事なお金の話をします(笑)

 

家作りのアンケートを見ると建築費より建築会社の信用とか

 

アフターサービスとか、欠陥住宅にならないかとかもありますが

 

本当のところ家の価格を最も重視している人がかなり多いようです。

 

なかなかアンケートでお金のことは表に出しにくいですからね。

 

 

そして、お金の話はなかなか直接建築業者には聞きにくい話ですので

 

私の方からお伝えします。

 

 

現在家を建てる人の悩みは建築費が高いという事です。

 

 

 

建て主さんにとっては命や家族の次に大事なお金を建築業者に

 

託すのですから出来ることならお金は少なく渡したいと思うのは

 

当然のことです。

 

 

 

しかし、現実の家づくりにはたくさんのお金が必要になります。

 

出来るだけ家を安く建てるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

自問自答してみてください。

 

 

 

なぜ、たくさんのお金が必要になるの?

 

材料費や施工費の他に建築業者の経費や利益がたくさん必要だから。

 

 

 

 

なぜ、建築業者の経費や利益がたくさん必要なの?

 

営業マンをたくさん雇い広告宣伝費もたくさんいるから。

 

 

 

なぜ、営業マンがたくさんいて広告宣伝費がたくさんいるの?

 

会社規模が大きく多くの人に家を売らないと会社がつぶれるから。

 

 

 

だったら会社は適正規模で営業マンがいなくて、広告宣伝費をたくさん

 

使っていない建築業者で建てれば家は安くできる。

 

カンタンでしょ。

 

 

 

家を安く建てるには、適切な会社規模で、営業マンもいなくて

 

広告宣伝もたくさんしていない建築業者で建てればいいのです。

 

 

そういう建築業者を探せばいいのです。

 

 

 

別に安く建てたくない人は営業マンがたくさんいてモデルハウスもあり

 

広告宣伝もバンバンしている大きな会社で建てればいいんですよ。

 

 

高く家を売ってくれますから。

 

 

 

でも安くてもいい家を欲しいと思っている人は決して大きな建築会社で家を

 

建てたらいけません。

 

 

 

 

こんなカンタンなことすら分からないで家を建てている人は沢山います。

 

 

家は家族が幸せになる為のただの箱です。

 

 

その箱を手に入れるために、あなた自身や家族の人生を棒に振るような家の

 

買い方建て方は絶対してはダメです。

 

 

 

という事で今年はお互いいい年になるように頑張らないで気楽に

 

生きましょう。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net