親切な住宅営業マンから不親切な住宅営業マンへ変わる時

営業マンの給与スタイルは、固定給プラス歩合給が一般的です。

 

請負で契約している人の場合、完全歩合給がほとんどです。

 

 

1件当たりの報酬割合は増えますが、契約が取れなければ給与はゼロです。

 

 

そんな彼らですから、契約を終えたお客さんに使える時間などありません。

 

次の契約を獲得しないと家族を養えませんから、当然と言えば当然です。

 

 

しかし、事情を知らないお客さんは、

 

「契約したら、あれだけ親切だった営業マンが冷たくなった」

 

「困ったことがあったらいつでも連絡してください、と言ってくれていたのに」

 

と、裏切られた気持ちになってしまうわけです。

 

 

すでに気になる業者がいるのなら、営業を担当している人の様子を

 

観察してみましょう。

 

業者の規模によって、営業専任の人もいれば、建築士の資格を活かして

 

図面の作成まで携わる人もいます。

 

小規模な業者の場合、代表者が、営業も設計も施工も担当しています。

 

 

代表者が全てを兼務している業者なら、あなたの意思を何度も伝える

 

必要はありません。

 

 

 

余計な人件費を負担する必要もありません。

 

ただ、営業マンほど接客スキルを磨いていないので、

 

「話しにくい、何だか怖い」

 

と不安に感じることがあるかもしれません。

 

 

何十年も暮らす家づくりに欠かせない知識や考え方というのは

 

普遍的なものです。

 

そこをきちんと押さえている代表者兼営業マンというのは、

 

なかなか心強い存在だと思いますよ。

 

 

 

 

ところで話は変わりますが、ドアといえば玄関ドアを思い浮かべますが、

 

勝手口のドアも忘れてはいけません。

 

玄関ホールのようなクッションになる空間がない分、玄関ドアより勝手口の

 

ドアの方が優先度が高いと言えるでしょう。

 

 

どちらのドアも、断熱タイプのものがあります。

 

暖かい寒くない家が希望の場合はドアもそのような断熱タイプのドアにするよう

 

営業マンに伝えておきましょう。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net