家は人が休むところ。木と塗り壁の相性がいい

家は住む人が休まる所でなくてはなりません。

 

そのためには空間と素材が重要です。

 

人の隣に木と書いて「休む」と読むくらいですから、

 

人は木によって心が癒されるのでしょう。

 

 

空間は天井が高いと、特に吹抜けなどは解放感があり、

 

晴れ晴れとした気持ちになります。では、逆に低いとどう

 

でしょうか?

 

 

圧迫感があるように思われがちですが、意外

 

や意外!とても落ち着きます。

 

つまり、「広い=解放感」「狭い=落ち着く」の

 

ように広くても狭くても、どちらにもメリットがあ

 

るのです。

 

 

 

これらの事をうまく組み合わせれば、メリハリのある

 

住まいができます。

 

 

ちなみに、最も落ち着く天井の高さは、なんと!2m17cmです。

 

 

一般的な天井の高さが2m40cmですから、その低さにちょっと

 

びっくりしてしまいますね。

 

 

また広いと感じるためには視界も重要です。

 

 

いくら広い空間でも、もし目の前に障害物のように家具を

 

置いてしまったらせっかくの空間が台無しです。

 

次は色です。

 

生活を始めると家具や本などいろいろな物が置かれます。

 

壁ににぎやかな柄のクロスを選んだりすると、置かれた物

 

と一緒に目に入りガチャガチャして見えます。

 

 

また木を使う場合も、使い方によっては同じようなことになっ

 

てしまいます。

 

 

いくら木が心を癒してくれるとはいっても、もし床・壁・天井など

 

を木目が支配していたら休まることができないでしょう。

 

 

ですから、木を使う場合は白っぽい色と組み合わせるなどの

 

工夫が必要です。

 

そうすれば、白が木目を、木目が白を引き立て両方ともがきれいに

 

みえるのです。

 

 

 

このような小さなことも、休まる住まいを造るには大切なことなのです。

 

 

 dsc06863


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net