家づくりの予算は施主さん自身で決める

◆予算は自分で決める

 

 

家はとても高価な買い物です。

 

ですから後悔のない建ててよかったと思え住み心地の良い家

 

を建てたいものです。

 

そこでまずは費用について一番最初に考えることになりますが、

 

この費用について考える時が一番悩むことになるのではないで

 

しょうか。

 

 

少しの予算をケチって毎日後悔して過ごすことになってしまうと

 

困ります、しかし逆にこだわり過ぎて費用があまりにも高くなり

 

すぎるとローンの支払いが厳しくなってしまうのも困ります。

 

 

ですから家を建てるのにはどの程度の費用をかければよいか悩みます。

 

家を建てるということは多くの人が初めてですし、高価なので失敗し

 

たからもう一度というわけにはいきません。

 

だから全く家の値段というのはわからないものです。

 

 

 

だからこそ価格の目安というものがほしくなります。

 

価格の目安というと大手の住宅メーカーでは坪単価という目安を出し

 

ています。

 

 

1坪あたりいくらほどかかるかというのが坪単価のことですが、

 

この坪単価というものも実はハウスメーカーによってかなり

 

価格が変わってきます。

 

 

坪単価と一言にいっても、含まれる費用が違いますし計算の仕方が

 

違うこともあります。

 

 

つまり同じような家を注文してもメーカーによって価格が様々なのです。

 

ですから坪単価は目安ではありますが、その目安も大きな差があるのを

 

知っておきましょう。

 

 

では予算はどうやって決めたらよいかと悩むかも知れませんが、予算を

 

提示し自分がどのような家を建てたいかと相談すればよいのです。

 

 

その予算内で自分の希望する家を建てるための方法を考えてくれるのです。

 

もちろん適切な価格で良い家を一緒に作ろうと考えてくれる信頼できる

 

ところを探すことが重要になりますが、信頼できるところに頼むことで

 

予算内で理想に近い家作りが可能なのです。

 

 

自分の家を建てるのですから、予算は自分で決めることから始めてください。

 

業者も予算を聞いてそこからどういった家を作るかを考えることになるのです。

 

家作りは予算を決めるところから始まるのです。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net