大工さんにたくさんのお金を払えば良い家になるは誤解?

建設業界では職人の人件費はそれほど高くありません。

たとえば戸建住宅の現場の主役の大工さん。

大工が良ければその家は良い家になるとも言われますし

大工の上手下手が家の良し悪しにつながるのは言うまでもありません。

 

ただ、その大工さんにたくさんのお金を日当として払えばいい家になるかと

いうとそれは間違いです。

もちろん不当に安い賃金ではキチンとした施工ができない

ということは誰でもわかっていると思います。

 

だから大工さんにはきちんと施工できる賃金を払わなくてはいけません。

ただ、きちんと施工できる賃金とたくさん払うとは意味合いが違います。

住宅会社のサイトや原価公開をしている会社のサイトを見ると、時々

大工に他の会社より賃金を多く、高く払っているのできちんと仕事をしている。

 

というようなことが書かれていますが、これは嘘です(笑)

たくさんお金をもらおうが安くもらおうが、本物の大工はお金によって

仕事に差をつけません。

お金が高いので特別に念入りに丁寧にしよう。

お金が少ないのでここは手抜きしよう。

ということではないということですね。

 

丁寧にするのも手抜きするのも大工次第ということです。

多くのお金をもらって今度の現場は「儲かった」といって手抜きする大工。

少ないお金でも赤字でもきちんと作業する大工。

どちらも実在するということです。

なので、お金をたくさん払っているからいい家になる、いい仕事をするとか

お金が少ないから手抜きな仕事になるとかではありません。

 

お金が少なくきちんとした仕事ができなく責任を持てないというなら

最初からそんな仕事は受けません。

それが本物の大工です。

「自分の腕だけで飯食っている」ということです。

 

それは住宅会社にも言えることですね。

こんなにたくさんのお金を住宅会社、ハウスメーカーに

払った家づくりだからきっといい家になるね。

 

これは間違いで幻想です。

何事も作り手の考え方、ポリシー、コダワリ次第です。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net