壁床天井のただの箱を作るために一生働く人がいる

家づくりとは壁床天井という一つの箱を作ることですがww02024

それだけで本当にいいのでしょうか?

多くの建築会社はその壁床天井の箱を作る材料として

自然素材がいいとか、狂いがない集成材がいいとか言い、

断熱材はこれこれの理由でこの断熱材がお勧めなどと言います。

もちろん、私自身も今まで自然素材がいいとか断熱材はこれが良いとか

さんざん言ってきました(笑)

今でもそれは同じです。

自然素材が好きですし、断熱気密にもこだわっています。

 

でも・・・気が付きました。

そんなのはどうでもいいでしょう。

どうでもいというか、それは当たり前で他にもっと考えなければ

ならないことがあるということです。

壁床天井がどのような材料で作られていても、家を建てて住む人の願いは

ただ一つではありませんか?

家族が幸せに暮せることですよ。

家族が幸せに暮せれば極端な話、壁床天井は何でもいいんです。

そうは思いませんか?

 

今の家づくりは、機能面や性能、材料にこだわるばかりで

肝心なそこに住む人の事はあまり考えていません。

 

新しく建てる家でどのような暮らしをしたいのか?

どのような家族との思い出を作りたいのか?

そこをまずは考えることです。

 

壁床天井はその後で予算次第、好み次第でどれを使うかを

決めればいいのです。

あなたは、ただの壁床天井の箱を作るために一生働き

住宅ローンを払いますか。

 

壁のビニールクロスを塗り壁に、床の合板のフローリングを無垢の木に変えても

基本的なことが考えられていない家づくりでは家族は幸せになれないということですよ。

それにしても、建築会社はどこもかしこも

やれ、自然素材だ高気密高断熱だデザインだのハード面、建物の機能面にしか

目が言っていません。

 

自然素材を使えばそれでいいというのでしょうか。

機能や性能が良いだけでいいのでしょうか?

機能や性能が良くて自然素材をつかうのはもはや当たり前の時代だというのに・・

何千万円のする家づくりです。それでいいですか?

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net