同じ家や図面でも依頼先が違うと金額も大きく違うのはなぜ?

ある人から図面と見積もり書を見せてもらいました。

間取り01その会社で家づくりをしようと思って数か月打ち合わせをしていたそうですが、見積が出てきてビックリ! 10000万円も予算オーバーしていたそうです。これではいくら気に入った間取りの家でも建てれないということで今まで打合せをしていた会社とは縁を切り、私の方でどうにかならないかというご相談をいただいた次第です。

 早速その図面と見積もりを見せていただきましたが、やはりという感じです。

見積の中にはムダな経費がビッシリ施主さんには分からないように各工事費に

潜り込ませてありました。さらには設計・構造費などと訳の分からない項目に

100万円ほどの金額が記入?特に驚いたのは電気と水道の工事費が

通常の2倍程度の金額になっていました。

 

産業用太陽光システムまで入れて総額3700万円の見積もりでしたが、

訳のわからないようなムダなお金を省けば600万円~700万円は安くなると検討を付けました。

そこで私の方でも実際に積算をしたところ800万円安くなりました。

800万円安くなってもまだ少し予算オーバーしていますが、後は私の方で設計や作業効率など

可能な限りいろいろやって予算内にしていきたいと思います。

ザックリ言うと3700万円の家が、依頼先を変えることで800万円~900万円安くなり

同じ家が2800万円~2900万円で建つことになります。

 

これってすごくないですか(笑)

材料を安いものにすることでもなく、家の大きさを小さくすることでもなく

施主さんがいろいろな要望を諦めた訳でもなく、

ただ単に依頼先・相談先を普通の建築会社から、私みたいに小さな建築事務所に変えただけです。

家の高い安いは何度も言うようですが、材料が良いから、高いからではなく、家を建てる建築会社の

経費利益が高いからです。

なので経費利益が安い又は適正な会社に家づくりを依頼すれば、品質を下げずに価格を下げることが

出来るのです。

 

こんなに簡単に家の価格が下がる方法は他にはありません。

さあ~あなたもいい家を安く建てることができる依頼先を探しましょう。

そうすればムダなお金を使わずにすみます。

お金は大事に使いましょうね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net