工務店と価値観が同じでないといけません

家づくりは自分だけでは、出来ません。

 

当たり前ですよね。

 

 

私の事務所は誰にでも営業をしている時間もありませんし人材もいません。

 

ですから、私の考え方や私たちが提供する家に共感し理解して頂き、

 

それを欲しいと思っている方とだけ、打ち合わせをしています。

 

 

 

例えば、単に安い家や何でもいいというような方とは、

 

交渉の下地ができていないので、打ち合わせをしても

 

上手くいかない確率が高くなります。

 

 

だから、私たちの建てる家を欲しいと思っている人だけに

 

全力でエネルギーを使いたいと思います。

 

(考え方・建てる家・価格すべて承知の上で)

 

 

 

これから建てる家づくりの満足条件を全て聞き出し、

 

私たちが、それを叶えることが出来る場合だけ私たちと

 

一緒に家づくりをすることができます。

 

ですから、信頼関係が大事になり腹を割った本音で話す

 

ことが必要になります。

 

 

あなたが私と家づくりをすることでの最大のメリットは、

 

自分が家に対して考えている要望や希望又は夢その家づくりの

 

条件を全て満たした家が完成すると言う事です。

 

 

もちろんその希望や要望が、無理なものなら無理と

 

ハッキリ言いますし、その代替案を提案していくと言う事になります。

 

他社さんのようにどこで建てようか迷っている方又は私たちが

 

建てる家を欲しいと思っていない方に対して

 

一方的に説得したり売り込みは一切しません。

 

 

 

 

施主さんと設計者、施工者が協力して初めて家は完成します。

 

施主さんから私は家づくりを依頼されて、施主さんの

 

希望通りの家を作ります。

 

 

その場合、施主さんは、いろいろと家についての

 

希望や夢などを話してください。

 

 

その時お互いが、腹を割り本音で話し合いをしなければ、

 

いい関係でいい家づくりは出来ません。

 

決して競争見積もりや金額の比較をされての依頼では

 

いい家を作れません。

 

もちろん、相見積もりや競争見積もりしていいですよ。

 

比較しないと分からない場合はしてもいいですよ。

 

私も建材とか買う時には相見積もりしますから(笑)

 

ただ、競争はあくまで争いです。争って勝てもいいことはありません。

 

 

施主さんが私を信頼し、私も施主さんを信頼する、

 

このような関係でないとダメです。

 

 

私も本音を言わない人を信用できませんし、

 

他社と打ち合わせをしながら私とも打ち合わせをするように

 

二股かける人には本当のサポートができません。

 

 

施主さんもそうだと思います。

 

施主さんの顔色を伺い無理な注文や常識はずれな事でも

 

ダメなものはダメだといえない人間を心のそこから信用できますか?

 

 

 

信用できませんよね。

 

だから、一生1回の大事な家づくり、

 

本音で付き合うことが大事なのですね。

 

 

施主さんにとってそれが良くないことなら、

 

「良くないよ」とハッキリいうこと

 

これが大事ですね。

 

 

今までなかなか本音で言えないことも多々あったのですが

 

ある事がきっかけで言えるようになって来ました。

 

そのある事とは、「見返りを求めない」と言うことです。

 

 

例えば、私は、これだけ施主さんのためにいろいろしてやったのに、

 

施主さんは、何も返してくれない。

 

と言うことです。

 

 

「見返りを求めない」これを決めたら、本音で付き合えます。

 

今まで、これだけしてやったのに「どうして受注できないんだ」

 

と不満を持っていました。

 

 

受注したいという、隠れた本音があるから、

 

施主さんに対して良い事しか言えなかったのです。

 

 

本気で「いやそれは違う」と否定できなかったのです。

 

「見返りを求めない無償の愛」に気づけば、

 

本当に楽に本音で楽しく付き合いが出来ます。

 

 

「見返りを求めない無償の愛」なんてカッコいいこと言っていますが、

 

私も凡人ですから、失敗もあるし、言い間違いもあります。

 

 

でも、本音で色々な話が出来れば、良い家づくりが出来る事は、

 

間違いありません。私と一緒に家づくりする人は、

 

本音で何でも思った事を口にしてくださいね。

 

 

いいものはいい。ダメなものはダメといいますから。

 

 

ですが、単に安ければ安いほどいいという人の役には

 

立てません。

 

単に安い家がいいという人にはそういう会社を紹介します。

 

 

このブログは「いい家を安く建てたい。でもどうしたらいいのか分からない」

 

という人に対しての情報提供です。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net