良い家を建てている会社は多いけどそれを安く建てている会社はない

いい家にしようといろいろな商品という家を企画開発している

 

大手ハウスメーカーは沢山あります。

 

また、いい家を建てようと、高断熱や自然素材を多用した高機能な住宅を

 

建てている工務店もたくさんあります。

 

 

これはこれで今の家は本当に快適で健康に暮らせるようなってきたので

 

いいことです。

 

30年ほどの前の家と比べれば断然いい家になっています。

 

省エネもバッチリ、夏冬快適に暮らせる家。

 

いいいですよね。

 

 

ここでご期待に応えてチョットまてよ。

 

否定的なことをいいます(笑)

 

 

ちょっと待てよ。

 

そりゃ~いい家を企画開発したり注文住宅で高断熱、自然素材の家を

 

提案するのはいいことですよ。

 

私も寒がりですから冬暖かい家が良いです。

 

 

でも、それに比例して価格も昔と比べたら爆弾のように?

 

高くなってきています。

 

平均的な家を今、建ててらいくらぐらいかかると思いますか?

 

これは住宅支援機構の調査結果ですからほぼあっているかと思います。

 

35坪の家を佐賀で建てれば、税込で1800万円位が平均です。

 

 

これって家だけですよ。

 

これに土地代を合わせれば特別な仕様の家でなくても

 

平均的な仕様の家を建てても土地代500万円を足して2300万円はかかる

 

という計算です。

 

これに、家電やら引っ越しなどの諸経費もかかりますし

 

実際は2400万円から2500万円ということにもなります。

 

 

2400~2500万円という金額はどうですか?

 

大丈夫ですか?

 

 

そんなことをいつも考えていますが、私ならちょっと高すぎでは?

 

という感じです。

 

年収が500万円の人ならまあまあ良いですが、年収500万円以下の人は

 

よほど自己資金を貯めてからでないときついかなという感じですね。

 

 

そういう事ですから建築業者としては少しでもいい家を安く建てる

 

努力をしなければなりません。

 

 

しかし、今の建築業者はいい家を売る努力やいい家にする経費は

 

たくさん使いますが本当にいい家を安く建てる、つくる努力をしている

 

ところはありません。

 

言いきってしまいました。

 

 

もし、うちは自然素材で高断熱で樹脂窓も使い、どこよりも安く提供して

 

いるという建築業者さんがいたらメールください。

 

謝ってからお付き合いしたいです。

 

 

ま~それはそれで営利企業の建築会社ですからしょうがないです。

 

利益を出すことが目的の建築会社に、利益を減らして施主さんの家づくりが

 

良くなるように、施主さんの住宅ローンの返済が無理なくできるように

 

赤字覚悟で家づくりをしてくださいと言っても無理な話です。

 

 

施主さんと建築会社との関係は微妙で、施主さんが安く建てることができれば

 

建築会社は利益が減ることで損します。

 

建築会社が十分な利益を出すことができれば施主さんは予想以上の

 

高い家を建てる、買うことになります。

 

 

施主さんと建築会社は相反する関係になるんですね。

 

建築会社は敵でもなく味方でもないという事です。

 

 

残念なことですが今の家づくりはそういうシステムですし

 

仕組みです。

 

建築会社や工務店が悪いという事ではないと思いますが

 

そういう業界になっています。

 

 

 

そのつもりで普通の設計施工の建築会社に家づくりを依頼する場合は

 

依頼してください。

 

 

一番いいのは100%施主さんの味方になってくれる建築のプロを探すことです。

 

 

たとえば設計事務所とか。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net