工務店、ハウスメーカー・建築業者選び

『自分に合った業者を選ぶこと』は家づくりの成功に欠かせないことです。

 

 

まず、ハウスメーカーに向いている人とはどんな人?

 

ハウスメーカーの最大の特徴は“わかりやすいこと”。

 

なぜわかりやすいかというと、1つはカタログや展示場に

 

お金をかけていて実際の家やインテリアをイメージしやすい

 

ということ。

 

 

もう1つは、品質の安定やコストダウンのために工場で

 

部材を大量生産しています。

 

そのため、素材や工法がある程度決められていて

 

その中から選べばよいからですね。

 

 

そこに魅力を感じる人は、ハウスメーカー向きの人。

 

 

素材や健康、住み心地、省エネなどある一定の事にこだわって

 

決めたい人は、ハウスメーカーに向いていないと言えます。

 

 

 

 

ハウスメーカーの最大の特徴は“わかりやすいこと”でしたが

 

地域密着型の工務店最大の特徴は“施主のライフスタイルを

 

第一に考えた、大量生産ではない家づくり”です。

 

 

工務店によって、工法や素材などにそれぞれこだわりを持って

 

いることも多いんです。

 

 

またハウスメーカーとは違い、標準設計とかオプションという

 

考え方がないので、見積もりの価格と最終の価格に大きな差は

 

ないですね。

 

 

 

◆地元の小さい工務店

 

自分だけの家づくりができるという所には魅力を感じるけれども

 

会社組織が小さい工務店。

 

もし倒産したらどうするの?

 

と思いますよね。

 

 

その気持ちはよくわかります。

 

ですが“住宅完成保証制度”というものもあります。

 

 

倒産の不安があるなら完成保証を付けることも忘れないでください。

 

 

これは住宅の建設中に、業者が倒産するなどして工事が中断

 

してしまった場合に、(財)住宅保証機構が前払い金の損失や

 

追加の工事に必要な費用を保証するというもの。

 

希望すれば、工事を引継ぎ完成させる業者をあっせんして

 

もらえます。

 

 

この制度を利用するためには、住宅工事を発注する際に

 

住宅保証機構による住宅完成保証制度の保証を受けることが

 

必要なので、前払い金を支払う前にこの保証書が発行されて

 

いることを確認してくださいね。

 

 

多くの工務店は登録しているようですが、もし、発注予定の

 

住宅建設業者が未登録業者の場合は、工事契約までに登録を

 

完了するように請求しましょう。

 

 

 

 

◆会社組織が小さいということは長所でもあります。

 

最初の窓口から引渡しまで担当者が同じということも多く、

 

コミュニケーションが取りやすいという点。

 

それから地域密着型工務店は、その地域で昔から家を建てて

 

きたわけですね。

 

地域での評判をとても気にするでしょう。

 

自分達が造った家をいつまでも守ろうとしてくれると思います。

 

一口に工務店と言っても、さまざまなタイプがあります。

 

 

あなたにあった工務店を考えてみましょう。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net