注文住宅は高品質と住宅性能の時代

家が30年程度しか使われないで建て替えられているのは

 

高度成長期に建てられた家です。

 

それまでの家は、歴史的にみて太い梁や柱に支えられ

 

通気性に富んだ家が普通でした。

 

 

しかし、今の家は30年で建て替えられていると言われています。

 

これでは35年もの間、一生懸命働き住宅ローンを返しても

 

返済し終わったころには、すでに家の役目は終わっているということになります。

 

もちろんそのままの状態で子供に引き渡すこともできますが、住み心地の悪い

 

傷んだままの家に住もうとする子供は少なく建て替えになるのが現状です。

 

 

古くなったら建て替えまた次の世代が住宅ローンを払っていく。

 

この繰り返しがそこにあります。

 

高度成長期の住宅ブームに建てられた家は、品質より簡単に早くということに

 

重きをおいて建てられています。

 

現在も多少品質が良くなっていますが、住宅先進国に比べれば住宅性能の低さは

 

著しいものがあります。

 

 

時代はドンドン変わってきています。

 

変わっていないのが住宅業界の体質です。

 

売れればいい。見た目が良ければいい。という時代ではないのです。

 

 

危機的状況にある地球環境、エネルギー問題。

 

限りある貴重な資源を地球に住む人間がどのように有効にまた

 

大切に使っていくのかそれが今後の課題です。

 

世界的規模で省エネルギー、エコの取り組みが既に始まっています。

 

日本の住宅だけが、断熱、気密も考えられていないスカスカの

 

エネルギーを垂れ流すままの家で良いはずがありません。

 

 

これからの時代、何世代も住み続けられる家。

 

それも、省エネルギーへの取り組みがきちんとなされた家が

 

必要になるのです。

 

安いだけが取り柄の家の時代は既に終わりました。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net