注文住宅は高品質と住宅性能の時代

家が30年程度しか使われないで建て替えられているのは

 

高度成長期に建てられた家です。

 

それまでの家は、歴史的にみて太い梁や柱に支えられ

 

通気性に富んだ家が普通でした。

 

 

しかし、今の家は30年で建て替えられていると言われています。

 

これでは35年もの間、一生懸命働き住宅ローンを返しても

 

返済し終わったころには、すでに家の役目は終わっているということになります。

 

もちろんそのままの状態で子供に引き渡すこともできますが、住み心地の悪い

 

傷んだままの家に住もうとする子供は少なく建て替えになるのが現状です。

 

 

古くなったら建て替えまた次の世代が住宅ローンを払っていく。

 

この繰り返しがそこにあります。

 

高度成長期の住宅ブームに建てられた家は、品質より簡単に早くということに

 

重きをおいて建てられています。

 

現在も多少品質が良くなっていますが、住宅先進国に比べれば住宅性能の低さは

 

著しいものがあります。

 

 

時代はドンドン変わってきています。

 

変わっていないのが住宅業界の体質です。

 

売れればいい。見た目が良ければいい。という時代ではないのです。

 

 

危機的状況にある地球環境、エネルギー問題。

 

限りある貴重な資源を地球に住む人間がどのように有効にまた

 

大切に使っていくのかそれが今後の課題です。

 

世界的規模で省エネルギー、エコの取り組みが既に始まっています。

 

日本の住宅だけが、断熱、気密も考えられていないスカスカの

 

エネルギーを垂れ流すままの家で良いはずがありません。

 

 

これからの時代、何世代も住み続けられる家。

 

それも、省エネルギーへの取り組みがきちんとなされた家が

 

必要になるのです。

 

安いだけが取り柄の家の時代は既に終わりました。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。