新築美装工事。昔は大工がやっていました。

今日は、新築美装についてです。

 

 

工事の埃、接着剤、無垢材の養生等による日焼け痕など、

 

建築時に発生した現場特有の様々な汚れを徹底的に洗浄します。

 

キッチン台や押入れ、ガラス、サッシ、に至るまで綺麗にし、

 

最後は床のワックスげけを行い、施主様が引っ越して

 

くればいい状態にまで仕上げます。

 

 

 

注意点

 

 

「ハウスクリーニング」と記載されていることもありますので、

 

「節約のため私がお掃除します!」という施主もいらっしゃいますね。

 

気持はわかります。

 

 

ですが、日常的なお掃除とは全く異なります。

 

・換気口や排水口に建設途中に出たはずのゴミがそのままになっていて、後で故障した。

 

・数年後に壁に謎の黄色いシミが出てきた(実はクロスの糊がはみ出ていた)。

 

・床下・天井裏にゴミが残っていて、数年後他の業者が入って発見した

 (気持ちの良いものではありませんよね)。

 

・床ワックス前の掃除不良で、ワックス液中にゴミが入ってしまった。

 

など、後々のトラブルになるかもしれませんからプロに任せるべきです。

 

 

ですが業者の中には、誰にでもすぐに分かる範囲のクレーム封じに重心を置き、

 

バイトを駆使して簡単な道具と短い時間で済ませることも多いとか…

 

そういう業者はプロとしてのモラルがなく、

 

現場で禁止されているタバコを吸って臭いが残っていたり、

 

ボンドを踏んで歩いた足跡が残っていたり、トイレが使用されていたり、

 

クロスやフローリングに傷がついていたり…

 

と気遣いが足りないことが多いものです。

 

 

 

「掃除なんて誰がやっても同じ、だから予算なんて取らなくてもOK」

 

と考えている業者はNG。

 

新築美装は大切な工程のひとつです。

 

 

しかし、何の仕事にも上手下手はあるもんですね。

 

特に家づくりのように多くの人たちが係る

 

場合、それぞれがその仕事に責任をもって

 

取り組んでいるかそうでないかで、仕上がりが全く違ってくるので

 

業者選びは大事ですね。

 

 

なかなか完璧な業者がいないというのも

 

この業界なんですかね~

 

そういう事で業者選びは家づくりで最も大事な事かも知れません。

 

 

業者選びのポイントは?

 

業者選びの際、まず考えるのは

 

「ハウスメーカーに依頼するか、工務店に依頼するか」

 

ということです。

 

 

ハウスメーカーは品質が均一化されています。

 

カタログやモデルハウスなどが充実しており、

 

デザインや性能など、特徴の比較が容易です。

 

高性能の家づくりを希望している人にとって、

 

耐震技術などの性能を独自に研究開発している

 

ハウスメーカーは魅力的でしょう。

 

 

 

デメリットとしては、営業や事務など

 

施工に直接携わらないスタッフの人件費だけでなく、

 

広告費などの費用も上乗せされるので

 

工務店より割高になることが多いこと、

 

土地の形状や顧客の要望に柔軟に応じるのは難しい

 

などといったことが挙げられます。

 

 

 

そんなデメリットが無いのが工務店です。

 

しかし、工務店によって得意分野や技術力が異なるので、

 

自分にピッタリ合う工務店を探すのは一苦労です。

 

規模の小ささに不安を感じるかもしれません。

 

モデルハウスや展示場が無く、

 

実物を見て判断したい人にとっては不満が残ることでしょう。

 

 

 

ところで、

 

業者選びの際、最も大切なことは何だと思いますか?

 

私は『信用』だと思います。

 

業者を信用、信頼できるからこその安心感。

 

「この業者は嘘をつかない」

 

「どの業者よりも

 

 自分と家族が幸せに暮らせる家を建ててくれるに違いない」

 

「新居が年を重ねても、ずっと一緒に守ってくれるだろう」

 

そう思えない業者に、数千万円の住宅ローンを組んでまで

 

家づくりを任せようとは思えませんよね。

 

 

 

業者を選ぶ時、坪単価や性能など、

 

数値化できるもので比較するのは簡単です。

 

しかし実際は、

 

業者が宣伝する坪単価より高額になったという声は多いものです。

 

性能を優先して住み心地や予算を後回しにしたことで

 

満足度の低い家になったという事例もあります。

 

 

 

引き渡し後、最低限の定期点検を終えたら交流が途絶え、

 

相談相手がいなくなった結果、

 

悪徳業者に勧められたリフォーム工事をし、

 

後悔している人もいます。

 

信頼関係を築ける業者は、家づくりに必要不可欠です。

 

 

とはいえ、相手を信用できるか確かめるには時間がかかります。

 

ホームページを見るだけではわかりません。

 

時間をかけて、じっくり見極めるしかありません。

 

 

 

あなたが後悔しない業者選びをするには、

 

ある程度の時間が必要です。

 

 

これから数十年、幸せに暮らすための家づくりを任せる相手です。

 

あなたは、依頼先候補のどこに魅力を感じていますか?

 

金額や性能、デザインなど目に見える部分だけでなく、

 

『信用、信頼できる相手か』もチェックしてくださいね。

 

 

 

デザイン住宅、自然素材住宅、高断熱住宅、エコ住宅はこちら

https://www.wood-eco-style.com/

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net