家づくり言いたい放題

今日は西洋漆喰の荒山さんからのメールをお伝えします。

 

 

 

 

私は、住宅建築に携わっている一人です。

 

しかし、全く、今のニッポン人が理解できない?

 

何故かと言うと、日本は、こんなに蒸し暑い 

 

高温多湿気候なのに、呼吸しないサイデングやビニール

 

クロスのお家が、ほとんどである? 

 

 

ビニールハウスの中で生活しているのと同じ理屈である。

 

こんな呼吸しないビニールクロスの室内で生活していると、

 

体調もおかしくなるのが当たり前です。

 

 

住まいのこと、建材のこと、快適な住空間とは、どうゆうものか

 

勉強してもらいたい。派手な宣伝や広告に

 

惑わせることなく、正しい住まいの情報を理解してもらいたい。

 

 

 勉強してもらいたいものです。

 

 

以前、私の知人が、蛸「たこ」でも、ちゃんと住みかの良し、

 

悪しが理解できると言う? 

 

 

「素焼きのつぼは、居心地がよいが、コンクリートのつぼは、嫌いだと」 

 

人間は、蛸(たこ)以下だと!

 

 

世界中に、全く呼吸しないサイデングやビニールクロスの家は、

 

日本以外には存在しないと思います。

 

 

サイデングもクロス「布の意味」は、アメリカにも、

 

ヨーロッパにもあるが、すべて呼吸するようになっている。

 

 

これらの国の、設計士や、工務店は、物事の本質「建築の常識」

 

をきちんと理解している。

 

 

まして、高温多湿気候のニッポンにあって、ビニールクロス(ビニールハウス)

 

の中で 住んでいる?

 

 

電力不足のニッポンにあって、熱いのが当たり前。 

 

この不思議な国 ニッポン?

 

世界の笑い物にならないように? これがニッポンの常識です?

 

 

 

エアコンに頼らない住まいのプロジェクト進行中!

 

西洋漆喰 レビスタンプ/パビスタンプ 日本事務所

 

→ www.vonsumaine.com

 

 

 

 

 

確かに、何かにつけて本物志向、健康志向と言いながら

 

住まいづくりとなると

 

ビニールクロスとサイディングの家ばかり。

 

大手ハウスメーカーの広告宣伝に

 

洗脳された、無知な建て主がおおいということなのか?

 

 

もちろん予算にも限りがあり安価なビニールクロス

 

サイディングを使いたい気持ちもわかるが

 

コストを下げるとこは材料や工賃ではない。

 

 

家以外の経費を削減することこれが一番。

 

 

あなたは知っていますか?

 

頻繁にチラシやテレビでの広告宣伝費の金額を。

 

あ~ビックリ

 

あ~もったいない

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net