24時間換気システムの話

室内干しといえば、以前は雨の日だけのことでした。

 

しかし今は、花粉やPM2.5の被害を防ぐため、

 

室内干し専用スペースを設ける人もいます。

 

 

そんな人が気にしているのが、24時間換気システムです。

 

「窓を閉め切って空気清浄機をつけていても、

 

 換気システムから有害物質が入ってきたら困る。

 

 いっその事、花粉やPM2.5が飛散する時期は

 

 換気システムをOFFにしてしまおうか・・・」

 

そう考えたくなるのは当然のことでしょう。

 

 

しかし、気密性が高い住宅では

 

シックハウスの予防や結露防止のため、常に換気をする必要があります。

 

ですから、換気システムを長期間停止するというのはオススメできません。

 

 

換気システムにはフィルターがついています。

 

そのため、空気をある程度キレイにしてから室内に取り込んでいるのですが、

 

中には、PM2.5程度の微粒子だと除去できずに

 

そのまま室内に取りこんでしまうこともあるんです。

 

 

 

というのも、PM2.5は、直径2.5マイクロメートル以下と、

 

とても小さな粒子で、その侵入を防ぐには、

 

一般的な換気システムでは限界があるからです。

 

 

 

これだけ小さいので、肺の奥まで届きやすく、

 

健康な人でも体への影響があるとされています。

 

もしあなたの家族に、呼吸器系や循環器系の疾患がある人がいるなら、

 

さらにリスクは高まりますから、不安に感じるのは当然です。

 

 

そういった心配があるなら、家族を守るためにも、

 

業者との打ち合わせの際に事情を話してみましょう。

 

 

 

もしかすると、プライバシーに関わることだから、

 

必要以上に話したくないという気持ちがあるかもしれません。

 

しかし、相談することで、業者も最新の情報を収集し、

 

最適なものを見つけてくれることと思います。

 

 

新築して初めて24時間換気システムを体験した、と言う人は多いものです。

 

 

ですから、今の時点でその長所と短所を判断するのは難しいと思います。

 

 

そんな時は専門家である換気の専門業者に積極的に相談して、

 

よりよい提案を引き出してみてくださいね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。