住宅ローンを選ぶとき

■変動型利用者の割合は、過去2年で最低に

 

 

  2013年3~6月の調査では、

 

  全体の43.5%を占めていた変動型。

 

  しかし、昨年3~6月の調査では35.8%になっています。

 

  変動金利型は、あなたもご存知の通り

 

  返済期間中、常に金利が変化し続けます。

 

  今は、金利の安さより

 

  安全性を優先させたい方が多いようですね。

 

 

 

  ■固定金利のタイプは?

 

 

  固定金利の期間は、

 

  2年、3年、5年、10年、全期間などがあります。

 

  これらの中で、特に増えているのが『全期間固定型』です。

 

  その理由として多かったのは、

 

  「将来、金利が上昇する可能性があるので、

 

   将来の返済額をあらかじめ確定しておきたかったから」

 

  というもの。

 

 

  最近、年金だけで生活できない高齢者の事例や、

 

  親の収入が子供の学力に影響を与えるといったデータなど、

 

  お金に関するニュースをよく耳にしますね。

 

  よりはっきりした返済計画を立てたいと思うのは、

 

  ごく自然なことだといえます。

 

 

 

  ■リスクを考えないのは危険

 

 

  全期間固定型以外の住宅ローンを選ぶ場合、

 

  返済期間中に必ず返済額が変わります。

 

  その額は契約時より増えるかもしれません。

 

 

  ・金利上昇によって、どれくらい返済額が増えるか

 

  ・返済額が増えたとき、どのように対応するか

 

  ・もし延滞したらどうなるか

 

  ・返済できなくなったらどうするか

 

 

  といったことを十分に検討しないまま、

 

  不安が残る状態で融資を受けている人は、

 

  全体の4~5割を占めます。

 

 

  低金利時代が長く続いているからといって、

 

  今後もずっと続くという保証はありません。

 

  それぞれのリスクと対応策を十分に検討して、

 

  自分に合う金利タイプを選びたいものですね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net