Aさんのメール住宅相談

メールで住宅相談も良く頂きます。

 

そこで今日はその住宅相談に対する私の答えを紹介します。

 

 

Aさんはある建築会社さんと打ち合わせをしています。

 

仮契約金を50万円払って最終段階の建具等の色決めやデザイン決めの段階で

 

これが決まれば最終見積が出て契約ということです。

 

 

その建築会社さんにはAさんが出せる予算2500万円という事で

 

最初に伝えていたという事ですが、なぜか3000万円の概算見積もりらしきものが

 

でているとのこと。

 

無理して自己資金を出せば何とかなるという事でそのまま

 

打ち合わせをしているそうです。

 

 

希望の予算をオーバーしているうえにAさんのコダワリも入れてもらっていない!

 

他の方の話を聞くとそれは高い!そこを止めて他を探せばいい!

 

などいろいろは話を聞いて、自分でもこのまま進めていいのか?

 

もしこの建築会社を止めたら他はもっと高いのでは?

 

 

この家の適正価格はいくらなのか?本当に高いのか?

 

分からなくなったという事で相談されました。

 

 

 

以下私のメール返信

 

 

 

 

平屋43坪で2900万円+100万円は、

 

大手のハウスメーカーさんなら普通で、地域の建築会社さんなら高い。

 

建築業者を変えることでもっと安くていい家を建てることは

 

可能だと思います。

 

 

まず、○○さんの予算や仕様の方向性が決まっていないように

 

思います。

 

 

 

予算の上限はいくらなのか?

 

どのような材料を使いどのような家の大きさで

 

どのような家を建てたいのか?

 

 

ここがハッキリ決まっていないと建築業者さんの

 

ペースで家づくりが進みます。

 

 

まずはここをキッチリ建築業者さんに伝えられたら

 

如何でしょうか?

 

曖昧さが一番いけません。

 

 

 

それでできないという話ならできる建築業者さんを

 

探せばいいだけの話です。

 

 

 

予算的には43坪2600万円もあれば十分です。

 

坪単価60万円。

 

 

また、家の価格に適正価格というのはありません。

 

また有ったとしても建築業者さんの適正価格と建て主さんの

 

適正価格は違うものです。

 

 

 

○○さんが満足できる仕様、価格が適正価格です。

 

今の状態は適正価格ではないという事です。

 

 

家づくりは、建築業者次第ですのでじっくり建築業者を探されたら

 

いかがでしょうか?

 

またある程度の相場を知るには相見積もりが一番簡単です。

 

 

たとえば

http://www.housingbazar.jp/

 

急いで家づくりをする必要がないなら今の打ち合わせを

 

ストップまたは中止して良く考えてみたらいかがでしょうか。

 

 

 

また、相見積もりを取られるなら同じ図面同じ仕様デザイン、同じ材料など

 

条件を同じにして金額を出してもらうのが相見積もりの鉄則です。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net