隙間なく断熱材を入れることは基本ですが・・

良い家を出来るだけ安く建てましょう。

ということですが、良い家の基準としては夏涼しく冬暖かい家というのが一番にあります。

 

夏涼しく冬暖かい家というのは省エネ住宅でもあるし、ヒートショックを防ぐ室内間の温度差が少ない健康住宅でもあるんですね。

その夏涼しく冬暖かい家にするためには、断熱材も重要なポイントになります。

 

快適な室内空間を作るためにどの家も壁や天井・床に断熱材を入れますが、この断熱材の入れ方によって、家の快適さが全然違います。

多くの場合、価格が安いグラスウールという商品の断熱材が使われています。

 

殆どの大手ハウスメーカーもそうです。

見えないところにはあまりお金を掛けていません。

大工さんが専門外の断熱工事をする場合がほとんどです。

 

このグラスウールの入れ方が、悪いと本来の断熱材の役目を果たしません。

最悪、構造体を腐らせる結露の原因を作ってしまいます。

 

一部の大工さんは手間請けや下請でどのように入れたら効果があるのかなどと言うことはまず考えずに入れていますから、

キチンとした断熱施工を望むならあなた自身が隙間なくきちんと入っているか確認が必要です。

 

もうだいぶん前ですが長崎県では、大手メーカーさん(T建設)の家が寒くて住めないという相談で、私の知り合いの断熱工事の専門店が調査したところ、断熱材が入っていなかったり、ずり落ちていたということです。

 

「これでは、寒いはずですね」と話していました。

 

断熱材の価格はグラスウールが一番安く現場発泡の断熱材は高くなります。

羊毛断熱材は中間に位置すると思いますが、私なら迷わず発泡系の断熱材をおススメします。

 

なぜなら専門工事業者の責任施工で隙間なくキチンと入りますからね。

冷暖房効率を高めエコな家にしたいなら断熱材を何にするかは重要です。

 

あなたは大工さんが仕方なく施工しているグラスーウール、それとも羊毛断熱材?

それとも、高いけど隙間なく施工できる発泡断熱材?

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

予算内の理想の家づくり

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。