新築後購入したいもの

  • 新築後、買い換えたいものはありますか?

 

 

  先月発表された

 

  「住宅取得に係る消費実態調査」(住宅金融支援機構)によると、

 

  住宅建築・購入後、約1年以内に購入した耐久消費財の平均額は

 

  ・新築一戸建て・・・201万円

 

  ・建売住宅・・・・・105.1万円

 

  となっています。

 

 

  購入品目を金額で順位づけると、

 

  乗用車(新車)、太陽光発電システム、ルームエアコン、

 

  カーテン、門・塀の順。

 

 

  購入品目を購入世帯の多さで順位づけると、

 

  カーテン、照明器具、ルームエアコン、絨毯・カーペット、

 

  ベッド・ソファーベッドの順となっています。

 

 

  ちなみに、乗用車を新車に買い替える世代は

 

  60歳以上が最も多く、

 

  次は20歳以上30歳未満となっています。

 

  子育て真っ最中の30歳以上60歳未満は、

 

  車の買い替えより太陽光発電システムへの関心が高いようです。

 

 

 

  • 資金の予算配分は?

 

 

  家づくりというと、

 

  土地代と建物代の予算配分を増やしたいですよね。

 

  しかし実際は、カーポートなどの外構代、引っ越し費用、

 

  家具や家電の買い替え費用などに百万円単位の支出が発生します。

 

 

  節約のため、手持ちの家具家電を使おうと思っていた人でも、

 

  新居に住み始めてから買い替えを決意することもあります。

 

  そんな時に困らないよう、

 

  ほかの新築経験者の動向を参考にしながら

 

  今一度、予算配分を考えてみましょう。

 

 

  もし買い替えをせず、その予算が余ったなら

 

  すぐに繰り上げ返済をするのではなく、

 

  しばらく残しておいてください。

 

  というのも、新居で暮らし始めると、

 

  「雨が吹き込むのでテラスがほしい」

 

  「防犯面が心配なので対策をしたい」

 

  など、住まいに手を加えたくなりがちだからです。

 

  そんな時、すぐに動かせる予算があると重宝しますよ。

 

 

  私の周囲にも、

 

  新築計画時には太陽光発電に無関心だったものの、

 

  一戸建てに入居してから関心が膨れ上がり、

 

  築後1年以内に太陽光発電システムを設置した人がいます。

 

  

  その人も新築時は予算が無い!予算がない!

 

  と言っていた人です(笑)

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。