注文住宅のプランづくり

戦後、アメリカ式の「プライバシー重視」という考え方が、

 

いろんな場面で盛んに言われるようになりました。

 

 

その影響を受け、住まいにも変化が現れ始め、今では家族が個々に

 

部屋を持つのが当たり前の時代になってきました。

 

 

子供部屋、書斎、家事室など、いろんな呼び方がありますが、

 

全て個人のための空間です。

 

その結果、もたらされてしまったもの・・・。

 

それは、家族間のコミュニケーションの減少です。

 

 

 

「バリアフリー」という言葉がありますね。

 

一般的にその言葉が意図しているのは、段差とか仕切りとか、

 

いわゆる物理的なものについてです。

 

 

ですが、今回は少しだけ精神的なバリアについて触れたいと思います。

 

 

家の中に壁があると、そこでコミニュケーションは遮断されてしまいます。

 

 

つまり、物理的に壁であるだけでなく、それは心の壁にもなってしまうわけです。

 

 

せっかく家族と一緒に暮らせるのですからコミュニケーションをとりながら、

 

楽しく生活したいですよね。

 

 

そのためには、壁があるよりは無いほうがいい。

 

そうしたら、そこには自然と会話が生まれるはずです。

 

 

しかし、そこで忘れてはならないのが、プライバシーの問題です。

 

家族それぞれのプライバシーを尊重しつつ、お互い、気軽にコミュニケーションを

 

図れるような精神的バリアフリーの空間を設計すること。

 

 

 

間取りを考える場合には、プライバシーとコミュニケーション

 

両者の観点からの考慮が必要です。

 

 

そうは言ってもなかなか難しいのがプランづくりです。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。