注文住宅のいろいろな経験をしてきたからこそできる家づくりのお手伝い

家づくりは1000万円2000万円人によっては3000万円以上の資金を使って行われる人生で最も

高い金額の事業です。

その家づくりをあなたはどのようにお考えでしょうか?

今の家づくりでいいのでしょうかね~

 

年収の6倍も7倍ものお金を借金していいいのでしょうかね~

もう、そろそろ大手ハウスメーカーで家づくりを考えるのは止める時期かもしれません。

もちろん富裕層と言われる大金持ちは、大手でたくさんのお金を使ってもかまいませんが

一般的な私も含めて庶民は賢い家づくりをしなければこれからの人生が、おかしな方向に

行ってしまうような気がしています。

 

家を建てても家で生活費を稼ぐことはできませんし、家は現金を生み出す道具でもありません。

そう考えると家にムダな費用をかけるわけにはいきません。

これからの社会はどうなるか分かりません。

 

これから先、明日が安心して生活が送れる保証は何もありません。

あなたが多額な借金をして家を建てて払えなくなっても国も市町村も誰も助けてくれません。

そんなネガティブなことを考えると、家づくりも楽しくありませんが、頭の片隅に置いてほしいものです。

 

そうはいっても家は必ず必要なモノですから、どうせ建てるなら、良い家を負担にならない値段で

建てるということを考えなければなりません。

そのような家を建てることができるのは大きな会社ではなく小さな会社です。

 

具体的には年間10棟くらい家づくりをしている小さな会社です。

その位の規模の会社が一番効率がいい価格で家づくりができます。

 

ちなみに私だったら以下のような家づくりを約束し実行することでしょう。

■設計、施工、材料仕入れのムダを省いてコストダウンする

■同じ注文住宅なら他より必ず安く作る

■同じ予算なら他より必ず品質の高い家をつくる

■お客様に本当のことを伝え知ってもらう

■施工ミス、設計ミスが原因の不具合は必ず直す

■どのようなお客様の要望でも実現可能(予算、仕様など)

■お客様の予算を必ず守る。(追加工事なし)

■家づくりの価値観や考え方に共感していただいたお客様の家しかしない。

 

 

いい家を安く建てる。

こんな家づくりを価値観が合う人たちと楽しみながらやりたいですね。

 

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net