昔と家づくりの考え方を変えました。前は工務店今は家づくりのサポート

昔は設計施工の工務店。

 

今はお施主さんの家づくりを手伝うサポート。

昔は業者目線での仕事でしたが今は?

お施主さん目線のサポート。

いい家を安く建てるには業者目線では不可能ですね。

 

さて、

家づくりの考え方は時と共に変わってきました。

工務店を作って下請や手間受け大工から独立した当初は

ただ単に安い家をアピールしていました。

 

安ければいいということで合板フローリングやビニールクロスの家ですね。

断熱や耐震など頭になく建築基準法をクリアーするだけの家です。

ただこれではいけないと思い次に取り組んだのが、無垢の木や塗り壁を使った

自然素材の家です。

無垢の木や塗り壁の本物の魅力とでも言いますか、徹底的に自然素材に

こだわりましたね。

 

 

そうこうしている内に自然素材を使うだけでは快適に健康に暮せないというのが

わかり、夏涼しく冬暖かい家のことをいろいろ勉強しました。

いわゆる高断熱高気密というものです。

断熱材を可能な限り隙間なく詰めるということが高断熱高気密の家ということになりますが

これが一番大事なことではと思うようになりました。

 

 

高気密の方は気密性能などを数値で争うような建築会社もありますが、温暖な地域では

そこまで気密性能、数値にこだわる必要はありません。

あくまで断熱材を可能な限り意識をもって隙間をなくすように詰めれば良いでしょう。

床下からの冷気を壁の中に入れない通気止めや床下を室内空間にするのか?

しないのか?など意識的に断熱工事を考えれば問題ありません。

 

 

このあたりの技術も知識もある程度吸収できた現在では、家そのものより

エンドユーザーこと、これから家づくりをされる方のための家づくりをということで

その方の収入や予算に見合う又は希望されることを最優先に考え、家づくりを

サポートしています。

もちろん、自然素材や高断熱、耐震、湿気対策は言わなくても当たり前として、

基本的な材料で基本性能です。

エンドユーザーの予算や家づくりの考え方を重視しプロとして大事にしなくてはならない

ことは絶対曲げない!

 

 

そんな家づくりサポートをしている今日この頃です。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net