自然素材の健康住宅を坪単価45万円は可能か?

坪単価45万円。

 

これで本当に建築可能か?

 

 

ただ、条件があります。

 

 

各種税金は諸費用は別です。

 

それは施主であるあなたが好き勝手に、好みの間取りにしたり

 

好き勝手に自由に設備機器などを選べないということです。

 

坪単価が他社と比べて極端に安いのは品質を下げているわけでもなく

 

材料を安いのを使っているわけでもないのですが、施主が好き勝手に

 

材料や設備機器を選ぶとその坪単価では納まりません。

 

 

間取り自体はある程度の設計上のルールはありますが、

 

まあ~ある程度自由に作ることができますが、

 

材料、設備機器は坪単価45万に納まるように建材メーカーさんや

 

 

設備機器のメーカーさんとも価格交渉をしたうえで決めているので

 

変更する場合は価格が上がるということです。

 

 

もともと、自然素材の高断熱の家がとても安い価格なので

 

この価格をベースに少しくらい価格が上がっても構わないという人向けに

 

作った家でもあるので、間取りや、材料、設備機器、その他の細かい

 

ことにはこだわりがないという人にはいいかもしれません。

 

 

ただ、住み心地や健康に快適に暮らせるという部分には相当こだわった

 

家に仕上げていますので、その部分を気に入ってくれたら

 

あなたにとってもいい家づくりだと思います。

 

 

 

一生で1回だけの家づくりなので、こだわりたい気持ちは私も

 

十分わかりますが、こだわりすぎると建築費用も上がりますので

 

そこはご自身の経済的事情にも配慮した家づくりをされることを

 

希望します。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net