家の間取りが気になる方へ

新築やリフォームで一番、気になるのが間取りという人も多いかと思います。

 

ですが、新築の時と、リフォームの時では、

 

間取りの考え方に差があるのも確かです。

 

新築の場合には、ある意味、白紙に間取りを作っていきます。

 

 

この時、考えるのは敷地との関係、廻りの環境との関係と、

 

希望の間取りをどこまで実現するか?でしょう。

 

一方、リフォームの場合には、今までの生活の中で、

 

不満な部分を見直すことと、構造的に可能かどうか?

 

 

というところがポイントになってきます。

 

共通しているのは、どちらも悩まなければならない・・という部分でしょうか?

 

 

そんな中、ようやく「平面図」が完成します。

 

この時、面白い遊びをすると、失敗が少なくなりますので、

 

それをご紹介しましょう。

 

 

まず、平面図を広げ、そこに、自分達家族の「コマ」をおきます。

 

「コマ」とは、すごろく遊びなどで、使うあの「コマ」です。

 

めぼしい「コマ」がなければ、厚紙に似顔絵を描くなり、

 

ママ・パパ・お子さんの名前なんかを書いて、への字に

 

曲げて作っても良いですね。

 

 

「コマ」を置いたら、朝、昼、夜、自分達がどんな動きをするのか?

 

想像しながら、その「コマ」を動かして見るのです。

 

これは、頭を悩ませて作った間取りが、実際のところ、どうなのか?

 

 

を検証する、とても楽しいゲームになります。

 

いわゆる「動線」のチェックなのですが、いろんなシチュエイションを

 

たくさん想像して、ゲーム感覚で、楽しんで行うのがミソなんです。

 

  

 

 

家の中ってリラックス空間ですから、楽しんで行っている時の方が

 

より現実に近い動きをするんですね。

 

 

それに、家族との対話も増え、家づくりへの想いを確認する場所にも

 

なること間違いなし!です。ぜひ、お試しください。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net