築11年の家に住む両親が、間取りで後悔している事がある

今日は知り合いの知り合いから聞いた話を。

 

築11年の家に住む両親が、間取りで後悔している事があるのだとか。

 

それは縁側を設けなかったこと。

 

困った事があったら隣近所と助け合う、程よい距離感で暮らしており、

 

特に用事は無くても、ふらっと立ち寄って話をしていく人が多く

 

「最近顔を見てないけど、元気かい?」

 

という感じ。

 

なかなか良い環境ですね。

 

 

「立ち話では疲れるし、家に上がってもらったら長くなるし、

 

そこまでの話じゃない。

 

ちょっと腰掛けて話せる縁側か、土間があれば良かったなあ。

 

建てるときは考えもしなかったけど」

 

と、最近はよく話しているそうです。

 

アニメの『サザエさん』に出てくるような縁側。

 

今、あなたの頭にパッと浮かんだ、あんな感じでしょうね。

 

 

11年前に家を建てようと、住宅会社を選ぶときは、

 

「近くの小さな会社よりハウスメーカーの方が、

 

倒産することもなく安心だろう」

 

という理由で、車で1時間ほどかかるハウスメーカーに

 

依頼したそうです。

 

往復2時間。

 

週に一度やニ度、打ち合わせで通うわけです。

 

壁紙選びなど時間が掛かかる日もあるでしょうから、

 

とても疲れたでしょうね。

 

 

ハウスメーカーの対応には、まあまあ満足していたそうですが、

 

何年も住んでみたからこそ

 

「自分だけの家ではなくて、万人向きの、

 

誰でもそこそこ便利に暮らせるような家」

 

と実感しているとか。

 

 

以前の家の不満点は解消されたそうですが、

 

不満部分にだけこだわったので、

 

自分がそこで何をして、どう暮らしたいか、

 

なんて考えもしなかったと言っているそうです。

 

 

ハウスメーカーも、今までどんな暮らし方をしていたか、

 

新しい家で何をしたいかなんて、聞いてくれませんからね。

 

お互い、誰のための家をつくろうとしていたのか・・・。

 

家づくりについて勉強しているあなたなら、

 

「おかしい」と気付く事ができるかもしれませんが、

 

そんな視点を知らず、

 

“不満を解消すること”を中心に考えていては難しいでしょう。

 

 

縁側があると部屋が暗くなるからイヤだ、と思う人もいます。

 

でも、暮らし方によっては必要な人もいます。

 

違って当然で、どちらが正解という訳でもないのです。

 

ただ、家の中に遊びの空間があると、

 

家族の成長に合わせて色々な使い方ができますよ。

 

 

子どもが小さい時は兄弟で秘密基地をつくったり、

 

寒い冬は縁側で、ゴロンとひなたぼっこをしたり、

 

ムダだけど、何だかホッとする空間・・・。

 

 

廊下などのムダなスペースを削って、少しでも価格を抑えたい、

 

という考え方もあるでしょう。

 

でも、家族のために必要な「ムダ」だったら?

 

 

あなたは、どう考えますか?

 

 

 

予算のために必要と思うスペースも

 

省く場合もあります。

 

予算優先ということですね。

 

 

それはそれで仕方ないことかも知れませんが

 

折角の家づくり、もうひと踏ん張り出来る場合も

 

あるかもわかりません。

 

 

諦めたらそこで終わりです。

 

諦めなければ夢はかなうものです。

 

私の夢もかないつつあります。

 

夢の内容は秘密(笑)

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net